お盆休みの出来事

今年のお盆休みは8月11日~16日の6日間といつもより長かったです。
初日はバーベキューで夏らしかったのですが、それ以降はどこどこに行くという予定も無く、
食べては昼寝してと、食っちゃ寝生活でゴロゴロと休みを満喫しました。
休み明けに体重計に乗ったところ、6日間で3キロ太りました。Σ(゜皿゜) ガビーン
よってダイエット開始しました(笑)

そんな連休中に、家から数分の場所にある「かぐや姫ミュージアム」という場所で、
自由陶芸教室ができるという情報をキャッチし、行ってみましたよ!

DSC_9825.jpg

DSC_9823.jpg

陶芸教室は別館。

DSC_9826.jpg

陶芸教室は、粘土代1キロ1000円のみの徴収。
追加で買えるのは1キロで、一度に製作できるのは粘土2キロ分。

先生っぽい人は、ボランティアの人らしいです。
ほぼほぼ自由製作のフリーダムで製作できるので嬉しい。

私と母で4キロ買って製作開始!!

DSC_9827.jpg

必要な道具やロクロまで、なんでもあるので持って行くものはエプロンだけ。
近くにこんな教室があったとは!!

ずっと、陶芸に行きたい~陶芸に行きたい~っと思っていたのです。

それはなぜかというと、


アルタムエンゼル用の産卵塔を作りたい!!


普通のショップに売っている産卵塔ってディスカスとか向きのヤツですが、
円錐の素焼き陶器がほとんどで、高さもそんなに高いのが無いです。

アルタムの産卵動画とかを見たり、外国のブリーダーの道具を見たりして、
自分なりにこんな感じのモノが欲しいというのはあったので、
今回はそれを作っちゃいますよ!!!\(^o^)/ワーイ

慣れない製作に四苦八苦しながら、なんとか形にしていきます。
脳内設計図どおりに上手くいかなかったですが、まぁ何とか形になったかなと。


完成したのがこちら。


DSC_9828.jpg



墓標完成☆



。・゚・(ノ∀`)・゚・。ゲラゲラ



いやー。お盆休みに墓標みたいな位牌みたいなモノをせっせと作っている私。

教室ボランティアの人や他の参加者さんもコメントし辛いらしくて近寄ってもこない。

焼く釜に入るサイズMAXに作ったのですが、高さ40~50㎝くらいかな?
高く作り過ぎて、ボランティアの人にもう少し縮めるように言われてしまい渋々直しました(笑)

乾燥~焼きの段階で完成までに割れたり反ったりする可能性も言われましたが、
上手くいけばラッキーくらいでね♪

指でなぞって波状の段差も軽くつけておきました。ツルツルよりも卵が着床しやすいかなと。

DSC_9830.jpg

土台面は中抜きにするように言われたので適当に抜いてあります。

DSC_9833.jpg

XANTOPも彫っときました。

DSC_9834.jpg

買った2キロの粘土では足りず、母の粘土も少々パクって作りましたが、
なんとか割れたりせずに綺麗に完成するといいなぁ。ちゃんと素焼き注文です!

完成は一ヵ月後ということで、9月中旬に取りに行きます。楽しみ♪楽しみ♪

アルタムに使うまでは横倒しにしておけば、ゲオの繁殖台にも使えるかな?
最近、流木に卵を産んでもポロポロこぼれ落として上手く受精できていないしね。

ちなみに。私に付き合わされた母が作ったのはこちら。

DSC_9831.jpg

猫の陶器置物と桜の器とリーフ&カエル器。

他の参加者の人達に「可愛い~!素敵~!」と褒められていましたよ。

私の作品(?)は完全放置。ちょっと寂しい。

猫の置物製作の際に、頭部の中抜きを忘れて製作しちゃって、
完成間近の状態で猫の首を切り落として、頭部粘土の中抜きをしていたのですが、
作業中の見た目はマジで虐殺プレイ状態で笑えました(笑)

その日の夜。夜中に目を覚ましたら首から背中にかけて激痛で横になっていられず、
首・背中が痛むとネットで検索してヤバイ病気だったらどうしようと焦りましたが、
鎮痛剤のバファリンと湿布薬を貼って少ししたらマシになったので就寝。

翌日、母に夜中に激痛で横になって寝られないくらいヤバかったと話したら、


母「それ。陶芸の筋肉痛じゃない?」



( ̄□ ̄;)!!



陶芸で筋肉痛になったザントップです・・・(笑)




アクアネタに戻りまして~


全滅して空水槽になった金魚水槽。


物置に置きっぱなしになっていたブランチウッドを入れてみました。
沈水完了したらメイン水槽の彩りに加えようかと。

DSC_9868.jpg

なんか、カージナルテトラを群れで入れたくなるような水槽になりました(笑)

新しい流木を入れたので、タンニンが染み出るのか水の色がちょっと茶色になります。
それでもアク抜き済みの流木を買ったのですがね・・・

一緒に入っているジャイアント南米ウィローモスも流木付きのヤツですが、
ヤフオクで1個買ったら同じ出品者が翌週にまた出品したので、
安く落札されたらヤダなぁ~っというだけで遊びで入札したら落札できちゃった(←バカ)

不要商品だったので、とりあえず空き水槽になった金魚水槽に投げ込んどきました☆


さてさて。


前回記事で、ポチッとしたこちらの水槽。


chanet_13625_2.jpg


メダカ水槽の45㎝水槽を60㎝水槽にちょっぴりアップするだけですが、
新水槽の立ち上げを連休に行ないました\(^o^)/

旧45㎝メダカ水槽。

DSC_9822.jpg

ニッソーの1000円で中古で気まぐれに買った水槽なのですが、
水槽底一周にグレーの枠?があって、隣の水槽との間に変な隙間が出来るし、
後ろもピッタリ壁に設置出来ないし、意外と前面のRガラスが掃除しにくいしと、
色々と不満があったので、エビの為のリセットをするついでに新水槽に入れ替えです♪

地元のウインドミル87のオリジナルブランド(?)を一揃えまして、

DSC_9807.jpg

DSC_9835.jpg

以前に使っていた底面フィルターを捨てちゃったので新しく買い揃え

DSC_9841.jpg

あと、100均ダイソーで必要な物も購入してきました!

DSC_9839.jpg

DSC_9837.jpg

猫避けのトゲトゲ道具とか、まさか私が買うとは思ってもみなかった(笑)

トゲトゲの使い方を初めて見た時には感心しましたよ!\(^o^)/

これがその使い方です!!

DSC_9842.jpg

DSC_9843.jpg

底面フィルターの周りを猫トゲトゲで取り囲む事で、


底面フィルターの詰まりがナッシング!!


次に、トゲトゲの上に園芸用ネットを載せます。

DSC_9849.jpg

更にその上にウールマットを敷きます。

ウインドミルで買ったちょっと特殊なウールマット。目詰まりし難いヤツらしい。

DSC_9847.jpg

っで、ソイルを入れまして完成☆

DSC_9852.jpg


濁って何も見えねぇ(笑)


初めてウインドミル式底面濾過システムを設置したわけですが、
ちっと雑に寸法を出したのでトゲトゲ側までソイルが落ちてきたりと出来は悪いです。

もっとキッチリと作れば、ソイル落ちも防げるのでしょう。

次に機会があれば真面目にやりますよ。多分。

1日経って、すでに水がキレッキレになってきた新規立ち上げ水槽。

DSC_9881_2017081607350577b.jpg

DSC_9871.jpg

DSC_9874.jpg

DSC_9862.jpg

さすがソイルを使った底面フィルター。水作りには最強ですね。

底面フィルターの水のボコボコが嫌いなので、ウィローモスで泡防止策をしてあります。

世話が面倒なのでガラス蓋をしたくないしね~☆


もともと設置してあった45㎝水槽ですが、

そのまま床に置いて新水槽の立ち上げ待ち状態。

DSC_9854.jpg

蹴飛ばして割りそうで冷や冷やでした(笑)

2日くらいして、PHを測ったらPH5.5前後まで落ちていたので、
待ち切れなくて、エビもメダカも水合わせ無しのドボンで移住完了。≧(´▽`)≦アハハハ

DSC_9919.jpg

DSC_9925.jpg

まだ新しく60㎝用ライトを購入していないので、45㎝水槽で使っていたライトを仮設置。

設置に都合の良いライトを見つけてあるのですが、価格がちょっと高いので思案中。
メイン水槽に買ったテクニカよりは安いんだけどね。メダカ水槽のライトだからなぁ~っと。

今回は45㎝水槽から60㎝水槽と微サイズアップですが、
画像で見比べるとたかが15㎝。されど15㎝って感じです。

ビフォー

DSC_9693.jpg

アフター。

DSC_9919.jpg

あ、高さは60㎝水槽には特殊な30㎝です。
隣の金魚水槽も30㎝なので揃えたかったので。(´∀`*)ウフフ

底面式濾過に変えるので、深さが確保し易い規格高さ36㎝も考えましたが、
やっぱり並べるなら揃えた方が色々と便利かなと。

高さ30㎝のガラス水槽はプレコ社からしか出ていなくて質は良いけどちと高い。
規格なら半額以下なのに~・・・

最近は生意気にもエビの選別を開始しておりまして、
譲渡するか他の水槽(仔メダカ水槽or2ⅿ連結小型水槽)に移住させています。

結構ドボンしてもエビって死なないのね!

45水槽から60水槽への移動の際に、我が家で生まれた一ミリ程度の小エビもいて、
新水槽に移してから4匹くらいのメス親が抱卵してと、順調そのもの。

ま、いつも順調♪順調♪報告してから地獄に落ちたりする(全滅とか)のですが。


((;゚Д゚)ガクガクブルブル


連休中に、2ⅿ連結小型水槽で育成していたカージナルテトラを全部メイン水槽に放流。

DSC_9890.jpg

DSC_9888_20170816073506753.jpg

DSC_9905.jpg


賑やかになりました\(^o^)/


コンゴテトラはかなりの遊泳能力があって、2ⅿ水槽を端から端までビュンビュン泳ぎます。
ヒレも長くてヒラヒラとするし、金属光沢が美しいです。(〃 ̄ー ̄〃)

ワームを投げ入れると食べようと集まってくるので、
そのうちアロワナに一緒に喰われるんじゃないかと。

そうそう。金魚以外は問題が無いアクア生活ですが、
1つの心配事が出来てしまいました。


アルタムの1匹が謎の病気。

。・゚・(ノД`)・゚・。

DSC_9931.jpg

DSC_9932.jpg

DSC_9933.jpg

DSC_9937.jpg

中央の後ろ側が両サイドに膨らみがあるのが分かりますか?
お腹ではなく、完全に背骨上というか、肉の下というか・・・
内臓関係の疾患ではないとは思います。

正常個体はこちら。

DSC_9934.jpg

問題個体がこちら。

DSC_9935.jpg

しかもお尻側が浮くみたいで、下向きにパタパタと浮力に抵抗している感じ。
なので常に尾ひれが忙しなく動いています。

ほぼ真下を向いている時もあるくらいです・・・

常に他の正常個体よりも下向き状態 左から2番目

DSC_9936.jpg

なんだろう~。腫瘍なのか腹水みたいなモノなのか・・・
自然に治れば良いけれど、最悪の場合には麻酔かけて注射針でも刺してみるか??

繁殖可能年齢まであと少し。今回導入個体群は1匹も落とさずにここまで来ました。
なんとか治って欲しいものです。

また、この症例に関しての対応策や知識などある方がブログをご覧になっていましたら、
ご連絡いただけると嬉しいです。m(__)mペコリ



とりあえず私に出来る事は、


連休に付いた脂肪を落とすことくらいですね!\(^o^)/



年末年始の連休が待ち遠しい!!のクリック♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

Xantop

Author:Xantop
--------------------------
タンクデータ
水槽:アクリル水槽①
サイズ幅2000奥800高1000
濾過槽:特注上部式
サイズ幅2000奥350高300
連結小型アクリル水槽②
サイズ幅420奥320高400
タンク総水量 約1.4㌧
濾過材 フジノスパイラル 約130㍑
ポンプ エーハイム1262
蛍光灯 RB37(18W×6本)
ブロワー 30㍑
水換え週一 3分の2
水温 29度~30度
PH 分からん
【タンクメイト】
・アジアアロワナ
血紅龍レベル2【アジィ】レッドケン
超神龍スタンダード【コアジ】WT
・ショートゲオファーガス
・アルタムエンゼル
・ロイヤルファロウェラ
・ロングフィンブッシープレコ
・カージナルテトラ

水槽:ガラス水槽①
サイズ幅600奥450高300
特注フルドライ上部濾過槽
水温:常温
【タンクメイト】金魚
・福ダルマ
・玉サバ
・いわきフラッこ

水槽:ガラス水槽②
サイズ幅450奥300高300
テトラツインスポンジフィルター
水温:常温
【タンクメイト】メダカ
・みゆきダルマ
・楊貴妃ダルマ
・スターダストダルマ
--------------------------
2匹の紅龍の成長記録をメインに、ザントップ家の色々な日常を日記として更新していきます。
静岡生まれ静岡育ち静岡在住。
生き物なんでもщ(゚д゚щ)カモーン な生き物好きです♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
875位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
49位
アクセスランキングを見る>>
アクセス
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR