エラめくれ

金曜日の朝。寝室から居間に降りて来て、水槽をチラッと見た時に違和感・・・・


そして、「ソレ」に気が付いて愕然としました。


DSC_6224.jpg

DSC_6227.jpg

DSC_6225.jpg




めーくーれーてーる~!!!




ΣΣ(゚Д゚;)ウギャー!!



アジアアロワナ飼育を始めてから15年以上が経ちますが、
自身、初めてのエラめくれを経験しちゃいました・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。


かなりショックです!!!


水か?何だ??何なんだ????


エラがめくれちゃうような原因に身に覚えが無い。

・・・が、

強いてあげると、最近の餌の比率をアジィ1:コアジ3くらいにしていて、
隣でクネクネと餌を欲しがるアジィを横目に、コアジに獲れたセミとか与えていました。


それか?餌が貰えないストレスなのか???


会社にアロワナ病気本を持って行って昼に読みながら、
さとぱんさんに電話をして、エラめくれの経験が無いか、対処はどうするか聞いてみました☆

水温上昇しがちな夏ですが、我が家の水槽が置いてある居間は、
ペットの犬や猫の為に、夏の日中はクーラーを稼動させており、
夏でも水温は冬と同じ30度程度をキープしているので問題は出ないはず。

結論で言うと、水に問題は無さそうなので、やっぱりストレスかなと。
そして、水換えやなんやかんやで弄って様子を見るよりも、
エラを短冊切りにしてカットした方が治りが早いという結論に。


よし。家に帰ったら水換えしてエラをカットしてみるか!!


家に帰ってアジィを確認したら、朝と同じ状態。
あわよくば治っていたら良かったのに(笑)

水換えをする前に、アジィを素手で捕まえてハンドリングし、
エラめくれの状態を触って確認をしてみました。

外側の柔らかいエラの所だけが捲れていて、固いエラはまだ問題ないみたい。
片手でアジィを支えながら、反り返った外エラを撫で撫でしてから放してみたら・・・


・・・・・ん?


エラ。治っていないか???


撫でて反りが治ったのか、エラめくれの捲れが少し治っていました。

とりあえず今日は水換えで様子を見てみようかな~っと、
水換えだけをして就寝。

翌朝。やっぱり同じように捲れていたので、また同じようにハンドリングして、
エラを撫でて治しておきました(笑)

撫でて治す治療法・・・・

手乗りアロワナならではですね☆\(^o^)/


土曜日の仕事から帰宅してアジィを見ると、やっぱり同じように捲れ戻っていました。
このままでは埒があかないし、やっぱりカットしてみよう!!

普通の家庭用ハサミを用意して、アジィを左手で固定し、右手でエラをカットしました。

本当は写真を撮りたかったけれど、まぁ両手が塞がっているから無理って話で。

それにしても、無麻酔で60センチ近いアロワナを水槽内で外科手術できるのって、
愛情が成せる技ですよね~☆(´∀`*)ウフフ

今回は短冊切りではなくて、反り返りがし難いようにワンカットだけしてみました。
1ヵ所カットで治ってくれれば、ダメージが最小限で済みますからね。

DSC_63300_20160801230831437.jpg

円弧に反った紙とか、ワンカットすれば放射状に広がり戻る原理に近いかな。
ハサミを入れた箇所は、外側が2㎜くらい離れた状態になったので、
反り分が放射状に広がり戻ったのが分かります。(切除ではなく切れ込みだけなので)

下の短い切れ込みは失敗した所(笑)

中央が反るというよりも、上側の反りに引っ張られて全体が反っている感じだったので、
上側付近をカットすれば、下側は反り付いて来ないだろうと上側に切り直しました。


結果は一目瞭然です。


DSC_6251.jpg


土曜の夜に切れ込み手術をしてから、日曜の現在夕方ですが、
エラめくれは再発していません。

まだカット部が切れ目が入っているからで、治ってくっ付いたらどうなるのか・・・
カット部が治る前に、エラめくれが治ってくれていれば、再発しないでしょう。

エラめくれをしている時の呼吸の仕方が、エラがやけに動く呼吸というか、
通常はエラの隙間も見えないような浅い呼吸に対して、
エラの隙間が見えるような深い大きい呼吸の仕方になっている感じですね。

ビフォー。
DSC_6229.jpg

アフター。
DSC_6295.jpg


パッと見は治ったように見えます。


エラめくれをしていても、餌に飛びついてくるくらい体調は良さそうだし、
ハンドリング手術をしても、直後に餌を食べるくらいにメンタルは強いアジィ。

まだ呼吸が強いので、再発の可能性もありますが、
再発しないでこのまま治ってくれる事を祈ります。┐('~`;)┌



エラめくれはもう勘弁! クリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

フォトコン漆絵到着

神威さんが主催したアロワナフォトコンテスト2016。

昨年の準優勝に引き続き、今年は最優秀賞を頂きました! O(≧▽≦)O ワーイ♪

そして本日。賞品の漆絵が届きました☆


DSC_6211.jpg


写真だと色が薄く感じますが、実際に見てみるともう少し良い赤色があり、
光の加減で、ホログラムのように色の濃淡が変わります!

前回頂いたアロワナパネルも自宅にありますが、実物の漆絵。


素敵すぎます!!!(〃▽〃)キャー♪


収納している額も、立体的な額になっているので、
漆絵が立体的になって、光の屈折具合が見易い感じです。

これまたステキすぎる・・・・

DSC_6218.jpg

裏には、神威さんの刻印も・・・

DSC_6207.jpg

最初は水槽上に、アロワナ証明書やアロワナパネルと一緒に並べようかと思いましたが、
至近距離で光の屈折を見た方が、この漆絵の魅力が分かり易いので、
玄関にでも飾ろう~っと♪ (´∀`*)ウフフ


神威さん!本当にありがとうございました!!!


次回は、ザントップの名前付きで、双龍を個人注文させて頂きます(笑)



さてさて。


我が家のゲオですが、相変わらず爆繁殖中です。
Mサイズの2ペアが交互に繁殖しているので、稚魚がじゃんじゃん取れます。(・ω・;)

先週末の日曜日。奥ペアの口内保育が6日目だったので吐かせてみました☆

DSC_6143.jpg

前回の大量採子に比べれば少ないですが、それでも100匹は軽くいますね・・・

採りたての稚魚は、刺激するとすぐに稚魚玉になります。
親魚が吸い込み易いようにする本能行動なのでしょうね~

DSC_6144.jpg

今回の採子数。100匹近くと思っていたのですが、
ブログを書いた後、暇だったので画像から数をカウントしたら・・・

DSC_6143_201607252257263d5.jpg

なんとビックリ220匹以上いました!!


ってことは、前回の大量採子。350~400匹くらい居たのかも・・・Σ(゚Д゚)


小魚って、思った以上に数が少なく見えますよね(笑)


奥ペアを吐かせる予定日の前日に、手前ペアも繁殖し、口内保育が始まりました・・・
GWに到着したゲオ軍団。我が家に来て2ヶ月ほどですが、
手前ペアは4回。奥ペアは3回ブリーディングをしまして、
手前ペアは2回。奥ペアも2回の稚魚が取れました。

→この記事の翌朝。手前ペアの口内保育終了(-∧-;) 
奥ペアの方が、繁殖は上手いかも。手前ペアはちょっと下手ですね~。


DSC_6147.jpg


稚魚だらけになってしまったメイン水槽と隣接循環型の隔離水槽。

DSC_6169.jpg

DSC_6177.jpg

4腹分で、ゲオ稚魚は500匹以上居そうです。
だいたいで、一期生20匹。二期生100匹。三期生300匹。四期生200匹くらいかな?

一期生が自身の半分くらいのサイズの、二期生。三期生を襲って食べちゃうので隔離中。
グッピーのメスも、小さい稚魚を襲って食べるので合わせて隔離中・・・

奥のケースに入っているのが一期生組。水槽内に放たれているのが二・三期生。
手前の小さいケースに入っているのが、今回取れた四期生です。

やばいなー。この小さい隔離水槽じゃ収拾つかなくなりそう(笑)

外で池飼育でもしようかな。秋口までそれでいけそうな気がする。
安いFRP水槽無いかな~。

隔離水槽と隣接して置いてあるテラリウム水槽の住人も冷ややかに見ています。

DSC_6158.jpg


アルタムちゃん達も、順調にサイズアップしています。


今年の3月上旬のアルタム。

DSC_4183.jpg

7月中旬現在のアルタム。

DSC_6185.jpg


たった四ヶ月でコレ。


末恐ろしい子達・・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル


ゲオが口内保育中だと、冷凍アカムシをあまり与えられませんが、
口内保育をしていない期間の時には、ガッツリ毎日1シート与えていますからね!
複数回に分けて、お腹が膨れるくらいに与えています。

数年後。アルタムのブリーディングが出来ると嬉しいなぁ。

あわよくば、その頃にはアロワナも・・・・(・∀・)ニヤニヤ


飼い込んで立派にして繫殖する。これぞ熱帯魚飼育の王道!


それにしても、タンクメイトのロングフィンブッシープレコ。全然繁殖しない。
オスもメスも立派な体躯になっているのに・・・
やっぱり産卵筒のサイズとか合わないのかなぁ。
ブッシープレコ。繁殖が楽って他のサイトにあるのに・・・我が家じゃ鬼門だわ。。。

プレコの繁殖に詳しい人。助言プリーズ☆


最後に。ザン妹から「とっ散らかった子」と呼ばれているタロウちゃんで〆ます。
口周りの黒模様が散らばっているので、「とっ散らかった」ってことです。

DSC_6172.jpg

ちなみに。ジロウは妹から「卑猥ちゃん」と呼ばれています(爆)

2012年の画像ですが、手前がジロウ。後ろがタロウ。
似ているけれど、拾った日も場所も全く違う非兄弟です。

DSCF02570s_201607252227413f7.jpg


ジロウの模様。卑猥すぎるぜ☆ クリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

アロワナご飯

最近のアジィの食欲の凄さと、コアジの食欲の無さの違いに閉口気味です。
本当は逆の方が良いのですが・・・

メスのアジィは体内脂肪が増えると卵巣の卵が悪くなるから太らせたくないし、
オスのコアジは、アジィにケンカで負けないように肉付き良く大きくさせたい。
なのに、希望と逆方向で食欲があるのでちょっと残念。

早くまた、ラブ期来ないかな~。

DSC_0692.jpg

DSC_0689_20150831204931ba3.jpg

DSC_0688_20150831204929d99.jpg

先日、今年の初狩りで天然カエルを採取して与えたのですが、
1日目は2匹共パクパクと食べていましたが、
3日後にまた与えたら、コアジがすでに食べたくないモード。(゚Д゚ )ゴルァ!!

そんなワガママで可愛いアロワナ達のご飯が届きましたよ~。

DSC_6112.jpg

中身はこちら。

DSC_6126.jpg

えさや大黒堂の特殊ジャイアントミルワーム2型


前回の注文の時には、特殊ワーム1型を注文したのですが、
以前から注文していたのは2型だったので、1型のワーム達にあまり特殊感を感じず、
やっぱり2型が1番かな!って事で、今回は高いけれど2型を注文しました。

でも、えさや大黒堂の1型ワームも凄いですよ。
フスマの交換もなし。餌もほとんど何も与えない状態で自身1ヶ月以上ストックしましたが、
1匹も黒く死ぬ個体が居なかったです。(共食いはあったけど)
ワーム死なないからフスマも痛まず、アンモニアの匂いもほとんどしない。
柔らかさとかっていうのは断然2型ですが、他の格安ワーム買うなら1型でもオススメです。

もうね。見た瞬間に違いを感じます。特殊ワーム2型。

DSC_6137.jpg

1匹1匹が本当にツヤツヤとテリがあって、見るからに柔らかそうなプリプリちゃん。
実際、脱皮直後じゃなくても、通常ワームよりも柔らかいです。

私はワーム=えさや大黒堂オンリーで買っています。
安価ワームの貧相さや硬さに加えて、死に易さも体験しているので・・・
あの、ワームが死んでフスマがアンモニア臭にまみれたツンとした匂いはね・・・


(;´Д`)× ダァメ!ダァメ!


えさや大黒堂から届くワーム。開封すると凄く良い匂いがします。
交換用の秘伝の床も送って貰いましたが、粒子が細かくて、美味しそうな良い匂い(笑)

こんな香りに包まれたワームだからか、アロワナの喰い付きも良いです。
アロワナって、匂いで判断する所もあるから、美味しいのも分かるのかな?

特殊ワームを与えると、アロワナの艶や色味が向上するとか期待するかもですが、
私は単純に、喜んで食べてくれて、食べるなら少しでも健康に良さそうな物ってだけで購入。

臭そうな不味そうな餌より、美味しそうなプリプリの餌の方が単純に良いでしょ?

猫の缶詰とか、開封するとオエッとするような匂いの猫缶の種類もあって、
そんな餌はやっぱり猫もあまり食べませんね。
人間が食べられそうな美味しそうな匂いのする猫缶は、猫も良く食べます。
(ちなみに、猫缶のオススメは、純缶シリーズです☆)

あと、ワームの皮って魚から排出されてゴミになりますが、
イコール消化が悪いってことなので、ワーム皮が柔らかい薄いワームを極力与えたい。

昔、アジィに麻酔をかけた時に、10時間前くらいに与えたワーム(格安ワーム)が、
そのままの状態で吐かれた時には、それだけワームが消化に悪いのか良く分かりました。

水槽に入っていた川エビの生き残りが沈殿したワームを食べても、
最後に残るのはワーム皮ってくらい、ワーム皮は食者に嫌われていますね(笑)

ま、ワーム自体のカロリーも高いので、
アジィにはあまり与え過ぎないように(太らないように)気をつけて使っています\(^o^)/


もう1つ、購入しようかと思っていた物でドジョウがあるのですが、
夏はストックが冷蔵庫になるのが面倒かなーっと。(冬は外に放置)

冷凍ドジョウも考えています。

3時間クッキングか~・・・(以前のブログより)

( ゚Д゚)メンドクセー

以前はヌメリを取るなら塩揉みでしょーっとやっていたのですが、
冬のツメガエルしゃぶしゃぶの時に、ドジョウもしゃぶしゃぶでやってみたら、
意外と塩よりも早くヌメリが取れるし、ドジョウも即死で早い!!

手が入れられない50度くらいのお湯にドジョウを入れて即死にさせて、
死んだ直後にぬるま湯でドジョウを洗うと、ヌメリがガンガンに取れます。

即死は迅速に。すぐに流水で冷却すると良いかなと。
熱湯だと熱でビタミンとか無くなりそうだし、煮魚(茹魚)にしちゃダメそうなので。

塩でドジョウを〆ると、口元やエラから血が出たりするのですが、
湯で〆ると、それがないので綺麗な状態で〆る事が出来ます!

湯もみオススメ!\(^o^)/


さーてと。セミ獲って来なきゃ(笑)

天然餌が最強☆クリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

アロワナフォトコン2016

いやー。頂いちゃいました。

神威さんの主催しているアロワナフォトコンテスト。


最優秀賞頂きました!!O(≧▽≦)O


投稿した画像がこちら。

DSC_4264_20160709111351566.jpg

本当はアジィとコアジがラブラブしている双龍画像を目指したかったのですが、
一度もラブ期が訪れず、仕方無しに単体龍で投稿しました☆

あと、その他魚部門もあったので、ザントップならショートゲオ(だと思う)
ってことで、こちらも一緒に送りました。

DSC_0357_20160709111350f6e.jpg

ゲオは黒めの水槽で飼育しないと綺麗さが楽しめません。
(我が家は背面だけ黒で、あとはオールクリアですが)
明るい水槽に入れると、ボディ色が明るくなって、青や赤のカラーが映えませんからね。
白水槽に入れたゲオを見た時なんか、真鯛かと思うくらいでしたから(笑)

さてさて。アロワナフォトコンテスト。

昨年2015では、光栄にも準優勝を頂きまして、

素敵なアロワナパネルを頂戴しました\(^o^)/

DSCF2279.jpg

DSCF2284.jpg

今回は最優秀賞で、神威さんの漆絵を頂けるので、超楽しみです!!!

尚更・・・・双龍が良かったけど・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

ちなみに昨年投稿した画像はこちら。

img_1_m.jpg

ボケボケですね~。しかも微妙なアングル・・・
昨年も締め切り日ギリギリに送ったのですが、
今年も、最終日の7月6日の夜23時50分くらいにメールで送りましたよ!(笑)

その日の夜。たまたまチーム静岡のしんのすけさんと同級生さんが、
我が家にゲオペアを引き取りに来ていて、捕獲と談笑でギリギリになっちゃいました。

写真を撮っていませんが、しんのすけさんが来て水槽を見ている最中、
なんと、手前ヤングペアが繁殖行動を始めまして(笑)
プリプリと卵を産んで咥えていく様を見て頂きました。
しんのすけさんにあげたアダルトペアも、繁殖できるペアなので、
ご自宅で頑張って増やしてくださいね~!!\(^o^)/

前回記事で、奥ヤングペアが口内保育中という報告をしましたが、

吐かせてみましたよ!!

DSC_5973.jpg

DSC_5977.jpg


なんか、スゲー採れた(笑)


150~200匹くらい居るかな?

ヤング親。手の平サイズくらいのMサイズなのに・・・
アダルトペアのLLサイズ親並みに今回取れました。

ペアの繁殖が上手くて(産卵&放精)、メスの口内保育も上手いのでしょう。
後半、冷凍アカムシが頭に乗っていても無視するくらい、
子育てに専念していましたからね!超優秀なママです♪

・・・って、アダルトメスが口内保育中に食欲に負けていた方がオカシイのですが。

過去2回の手前ペアの採子では、30~50匹くらい採れていたので、
Mサイズだとそれくらいの匹数かなと思っていたので、
今回の大量採子はビックリしました(笑)


・・・・・ってか、家のゲオ祭り。マジで困るわぁ。(´-ω-`)


すでに300匹くらい稚魚が居ると思われます。
手前Mペアの一期生。二期生。そして奥Mペアの今回の大量稚魚。

ゲオベビーは丈夫で、ほとんど死にませんしね!!!

あ、ちなみに。しんのすけさんが一緒に見ていた手前Mペア。
現在も絶賛口内保育中(笑)

もっとショートが出易ければ良いのですが、全然出ませんからね!
ショートゲオの希少性って、ここにあるのでしょう・・・

アダルトゲオペアを放出して、1番変わった事は、
アルタムが左右均等に生息するようになりました。

やっぱり、酷くは無かったにしても、アジィ側(セパレート左側)を陣地にしていた、
メスアダルトゲオが、それなりに他の魚を追い払っていたのでしょう。

強い大きい魚が居なくなった事で、アルタムが左右を行き来するようになりました。
あと、過密感も若干緩和したかな? 若干ね。

DSC_6024.jpg

カメラを持ったついでに、簡単に撮影してみました☆

今回のフォトコンの被写体になった、超神龍のコアジ。
四歳になりますが、頭部は比較的若々しく育っております。

DSC_6042.jpg

アジィは5歳。ちょっと頭部はゴツゴツ気味。
でも緑皮タイプで、日に当たると完全に緑なので綺麗ですよ~☆

DSC_6056.jpg

左目が少し目垂れしちゃっていますが~。

DSC_6064.jpg

居間に座って水槽を見上げると、ちょうど目が合うのでちょっと萌える。

DSC_6069.jpg

ついでに他の魚も~。

アルタムちゃん。一歳になって青味が出てきました。
成魚になるのに三年は掛かるとされているので、飼い込むのが楽しみです♪

DSC_6089.jpg

DSC_6091.jpg

同じく、飼い込むとめっちゃ美しく育つ、コンゴテトラ。

DSC_6029.jpg

サイズも10センチくらいになるので、結構立派ですよ。
中層~上層を泳ぐので、寂しくなりがちな上層部が賑やかになります。

・・・普通に考えれば、アロワナのジャストサイズな餌なのですけどね。

コンゴテトラは若いとただのタナゴみたいな魚ですが、
オス個体は成魚になると、ヒレが伸長してヒラヒラするので、天女みたいです。
ボディラインにオレンジも出て鮮やかになり、大き目の鱗がキラキラとして、
かなり綺麗で、オススメな魚種ですよ♪

ただ、かなり遊泳力があって、ピュンピュン泳ぐので、
最低でも90㎝以上の水槽で飼う方が良さそう。

あと、私の好きな魚種だと、やっぱりコレ。

DSC_6032.jpg

ロイヤルファロウェラ。

一緒に入っているブッシープレコは、床面の掃除ばかりですが、
ロイファロはセパレート部や、エアーホースなど、
細かい場所の掃除もしてくれるので重宝する上、
見た目も戦闘機っぽくてカッコいいです♪

妹に、家の魚の中で1番好きな魚種を聞いたら、ロイファロを上げましたからね(笑)
ちなみに母は、ショートゲオだそうです。

アロワナ人気ねーなー。(´・ω・`)



番外


せっかちさんの娘さんが7月7日の七夕誕生日だったそうですが、
実は、ザン母も七夕誕生日でした。

DSC_5999.jpg

妹夫婦が誕生日祝いとして、妹旦那が手料理を振舞ってくれました。
(妹ちゃん。どスッピン(笑))

DSC_60022.jpg

ご満悦のザン母。

こんな格好でも、もうすぐ還暦。
赤いチャンチャンコを着せたろう。(・∀・)ニヤニヤ

DSC_5997.jpg


特に何も無いけど、クリックプリーズ(笑)

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

ゲオとRB37と水槽蓋

前回記事で、6日間口内保育をさせた手前ヤングペア。
次の日の保育7日目の夜に、予告通り吐かせてみました~。

二期生たち

DSC_5855.jpg

前回この同じペアから、口内保育5日だかで採子した時の一期生がこちら。

DSC_5502.jpg

二日くらい違うだけで、これだけ稚魚がしっかりします。
口内保育って凄い!

同じペアのこの二腹分。現在はもっと大きくなっていて、
上の弱弱しい稚魚だったのが、

一期生の現在

DSC_5868.jpg

いやー。順調。順調☆

しかも、もう一ペアの、後方ヤングペアのメスも口内保育中でして、
明日で一週間くらい経つので、明日の水替え時に採子予定です。

一度に採れる稚魚の数は、親が小さいので30匹~50匹程度ですが、
2ペアが順番にどんどん繁殖してしまうので、ザントップゲオファーム化しています。

それに伴って、口内保育中の後方ペアのメスの逃げ場が水槽内に無くて、
安心できる場所を提供する為に、
2012年導入の4年飼育した最古アダルトメスゲオと、最近導入したアダルトオスのペアを、
チーム静岡のしんのすけさんにお譲りすることにしました。

DSC_5265.jpg

アダルトメスなんか、ヤングペア達の倍サイズくらいのデカさで、
メスなのにヒレが綺麗に伸びているので、見応えは抜群です!

ただ、繁殖と言う点だと、このメス。下手なのですよね~。
餌の誘惑にしょっちゅう負けるし、もう年なのか、前回の繁殖時には受精していなかったし。

このペアは、比較的ケンカが少ないし、上手くすればブリードも出来るので、
しんのすけさん。アルタムと一緒に可愛がってあげてくださいね~\(^o^)/

このアダルトメスは、一匹で左側のアジィ側スペースを占領していたので、
居なくなれば、ヤングペアの片方が流木内に逃げ込み易い環境になるだろうという思惑です。

アルタムも減らして、ゲオも減らしてで、ちょっと水槽がスッキリするかな?


っで。最近のアクア系の購入品が2点あります。


まずはこちら。


交換蛍光灯 RB37 (18W20型)

DSC_5968.jpg

DSC_5969.jpg


合計24本の大人買い。

DSC_5971.jpg

いやー。だって、これもう生産中止品だし、
将軍はRB37の改良新型を30Wと40Wしか生産販売をしていないですし、
60㎝用2灯式上部ライト(×3個)を使う私からしたら、20W型が無いと大変困るということで、
在庫のあるショップさんから、ほぼ買い占めで購入させて頂きました☆(高いん!!)

RB37って、もともと水草育成用ライトだから、水草をやっている人って、
60㎝水槽とかの小型水槽も多いはずだし、20W型の需要ってあると思うんだけどなぁ。
しかも、そういう育成用ライトを使う人は、大量使用&定期交換もしっかりするはずだから、
定期販売も見込めると思うし・・・・っと、将軍に20W型の開発をそれとなくお願いしてみる(笑)

突然、なぜ蛍光灯をこんなに購入したかと言うと、


水槽蓋を新調しました~ヽ(≧∀≦)ノ


作成は、いつもお願いしている


アクリル工房「布八さん」 「ぬのや」です。「ぬのはち」じゃないです。


布八さんに、自分で作成した簡単な設計図を送りました。

上蓋主図


速攻で届いた商品がこちら。

DSC_5829.jpg

もともと、水槽蓋を新調したいとずーっと思っていて、
現状、ペラペラに反って歪んでスカスカ状態でした。
(アロワナ飼育なのに重石の代わりは上部ライトのみ。しかも蓋の固定無し(笑)

現状の蓋は、小傷だらけと、上部ライトの接面が焼けてしまっていたりしていて、
透過性なんてほとんどない状態でした。( ノД`)

DSC_5840.jpg

今回は、熱に弱く、反ったり歪みやすいアクリル蓋ではなく、
透過性が良く、熱に強く歪みにくい、
ポリカーボネイト製を布八さんに勧められたので、そちらにしました☆


ビフォー

DSC_5835.jpg

アフター

DSC_5841.jpg


イイネ!ヽ(≧∀≦)ノ


厚みも3ミリから5ミリにしたので、シッカリ度が増しました。
反りもこれなら心配なさそうです♪
すべての面をC1くらいのC面にしてくれてあるのも丁寧で嬉しいところ。

こちらの設計通りに綺麗に作成してくれたのでピッタリ♪

DSC_5842.jpg

DSC_5879.jpg

ただ・・・最初に3枚送られて来て設置した時に、
図面寸法、右側の天側の壁から125㎜R25の逃がし形状、
まさかの水槽外の端から寸法を測ってしまい、水槽厚み分のズレが発生!

穴位置を手直しして汚くするのも、新調した蓋なのに形状がズレているのも腹立つので、
105㎜にセンターを直して、再製作で一枚送り直して貰ったというトラブルもありました。
(追加料金は格安でやって頂けて申し訳なかったです)


寸法はきちんと測りましょう。(笑)


水槽蓋に設置している不思議な立ち壁ですが、
これを付けると、水槽蓋を開けて立たせた時に安定して自立する上に、
上部ライトや蓋の上に載せている用品等が、
この立ち壁に引っかかるので、水槽に落ちないというメリットが!!

DSC_5843.jpg

手前の立ち壁は、蓋を持ち上げる際の取っ手にもなります。

DSC_5845.jpg

あと、設置後にふと思い立って、再製作蓋を送り直して貰う時に、
布八さんに頼んで一緒に送って貰ったモノがありまして。


黒帯です☆


DSC_5890.jpg

これを手前の立ち壁に貼り付けます。

DSC_5945.jpg


ビフォー
DSC_5940.jpg

アフター
DSC_5937.jpg


ビフォー
DSC_5934.jpg

アフター
DSC_5932.jpg


これにより、水槽上の白っぽく目立つ立ち壁が同化して見た目が締まるし、
置いてある上部ライトから漏れる光も遮断するし、濡れ手で触った汚れも目立たないし、
何より、水槽上に置いてある、タモ網やマジックハンドなどの道具が黒帯の目隠しにより、

水槽が綺麗に見える!!(笑)

結構ゴチャゴチャ上に置いてあったりするので~。てへ。

DSC_5886.jpg

ね?透明(白)のままだと、ちょっと浮いて目立つよね~(=∀=)


ほーら。水槽上部が真っ黒け。
これで中間に白っぽい帯状のモノがあったら締まらないよね☆

DSC_5952.jpg


いやー。希望通りに何でも速攻で作ってくれる、


アクリル工房「布八さん」 


今回も、大変お世話になりました!!!

丁寧な仕事で、綺麗な製品が届くので嬉しいです♪

既製品ではない、オリジナル製をお願いするのに、職人直接の注文は助かります。
変更や要望もすぐに反映してくれますしね♪ヽ(´∀`)ノ

アクア関係でも爬虫類関係でも、何か製作して欲しいと思う人は、
気軽に連絡してみてくださいね~。職人の布八さん直接なので☆
設計図はCAD図じゃなく、フリーハンドの絵でも全然OKです!


さてさて。

今年の夏の賞与が先日支給されましたが、
前年比で支給額が14%アップしまして、ホクホクでございます。

なので、ニャンコ達にも大盤振る舞い(笑)

DSC_5965.jpg

ワンコの犬舎の上に、キャットタワーを設置。

外国製(中国ではない)の、普通のキャットタワーよりガッチリとしたタイプで、
まったくグラグラしないので、なかなか良いデキの商品です。

でも猫は、こちらの希望通りには動かない生き物です(笑)

手前で寝ているナーナちゃん。

DSC_5967.jpg


今回も色んな出費がありました。頑張って働いて稼がなきゃ☆



楽しむには先立つものが・・・☆っと思った人はクリック☆

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
プロフィール

Xantop

Author:Xantop
--------------------------
所有タンクデータ
水槽:アクリル水槽①
サイズ幅2000奥800高1000
濾過槽:特注上部式
サイズ幅2000奥350高300
連結小型アクリル水槽②
サイズ幅420奥320高400
タンク総水量 約1.5㌧
濾過材 フジノスパイラル 約130㍑
ポンプ エーハイム1262
蛍光灯 RB37(18W×6本)
ブロワー 40㍑
水換え週一 3分の2
水温 30度前後
PH 分からん
【タンクメイト】
・アジアアロワナ
血紅龍レベル2【アジィ】レッドケン
超神龍スタンダード【コアジ】WT
・ショートゲオファーガス
・アルタムエンゼル
・ロイヤルファロウェラ
・ロングフィンブッシープレコ
・カージナルテトラ

水槽:ガラス水槽①
サイズ幅600奥450高300
特注フルドライ上部濾過槽
ツインスポンジフィルター2機
水温:常温
【タンクメイト】金魚
・福ダルマ
・玉サバ
・いわきフラッこ

水槽:ガラス水槽②
サイズ幅600奥300高300
底面式フィルター3機
水温:常温
【タンクメイト】メダカ&エビ
・みゆきダルマ
・楊貴妃ダルマ
・スターダストダルマ
・レッドビーシュリンプ

水槽:ガラス水槽③
サイズ幅250奥200高250
底面式フィルター
水温:常温
【タンクメイト】
・アメリカザリガニ

水槽:ガラス水槽④
サイズ幅150奥150高150
ツインスポンジフィルター
水温:常温
【タンクメイト】
・幼魚メダカ

--------------------------
2匹の紅龍の成長記録をメインに、ザントップ家の色々な日常を日記として更新していきます。
静岡生まれ静岡育ち静岡在住。
生き物なんでもщ(゚д゚щ)カモーン な生き物好きです♪

カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
491位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
33位
アクセスランキングを見る>>
アクセス
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR