河津桜とiZOO

前回記事で、ちょっとお仕事イヤンな事を書いたら、
ブロガーさん達が心配してくれ、ラインや電話をくれました。
そんなつもりも無かったのですが、嬉しくなりますね♪感謝感謝です!

仕事で悪い方に思い込むと良いことが無いので、
気分転換には遊びが大事!ってことで、
先週の日曜日。行きたいと思っていた河津桜祭りに行ってきましたヽ(^0^)ノ
まだ5分咲き程度の時期だし、しかも天気予報は雨(笑)
ただね。満開晴天な頃に行くと、一本道しかない伊豆の道では大混雑は必至。

雨が酷かったら行くのを辞めようと思っていましたが、
朝起きたら曇り空。これは・・・・行くっきゃない!(`・ω・´)

朝9時出発で、途中の休憩所で寄り道&買い食いをして(笑)
沼津インターからの伊豆縦貫道路が出来たので便利になりました♪
2018年頃には下田まで繋げるそうなので、更に便利になりますね♪

会場到着までほとんど混まずにスムーズに行けましたヽ(^0^)ノ

DSCF2078.jpg

DSCF2076.jpg

DSCF2077.jpg

意外と咲いてた(笑)

でも河津桜ってもっと豪華絢爛かと思いましたが、
意外と細い若木が多くて、立派さは感じなかったけど、
これって屋台がある範囲だけなのかなぁ~?

河津桜自体が、色の濃い桜みたいで、綺麗でした~♪
河津桜苗木も沢山売っていて、ちょっと買いそうでした。(2000円くらい)

河津桜祭りの名物の屋台群です。

DSCF2079.jpg

DSCF2080.jpg

DSCF2081.jpg

DSCF2082.jpg

なんか、色々と売っていました。
伊豆の名産はもちろんですが、なぜか広島の牡蠣とか、韓国系、中国系、何でもござれ状態。
カツオの1匹干しが気になったり。

お昼ご飯に何を食べるかは決めていたので、食べない&買わないようにぐっと我慢。

お祭りを後にして、目当てのお昼ご飯を食べに行きました~♪

DSCF2085.jpg

今が旬の金目鯛です♪(゚Д゚ )ウメー

肉厚で美味しかった~♪(〃 ̄ー ̄〃) また食べたい。

お昼ごはんを食べてお腹いっぱいになりました♪
雨も降り始めて来たので、次の目的地に...((((=・o・)ノ ゴーゴー♪

DSCF2092.jpg

河津桜祭りの会場から車で数分(笑) 超近いです。
(静岡だけのCMかな?)イズーはいずこだイズー♪イズー♪です(笑)

体感型動物園iZOO

入園してすぐにある、この場所に居るカメレオンが分かりますか?

DSC_0069_20150225231142064.jpg

よーく見てください・・・

画面左下の柵の棒の右側・・・・


キャー(笑)

DSC_0070_2015022523113954b.jpg

綺麗♪(ノシベ?)

直後にある、イグアナスペース。
よく動くし、人に反応する可愛い個体達。

地味な種類ですが、日本でここだけシールが貼られていました。

DSC_0072_20150225231142fc8.jpg

展示方法はレイアウトケージに複数種入っていたりします。

(こちらはヘビとトカゲとか)
DSC_0071_20150225231141990.jpg

室内展示場ですが、通路にはウッドチップが敷き詰められており、
自然の中に居る感覚で見ることが出来るので、なかなか良い感じです。

DSC_0078_201502252312141ed.jpg

DSC_0090.jpg

JAPANでここだけ!シールが至る所にあり、珍種好き、爬虫類好きにはたまらない?!
(ルー大柴か!とツッコミを入れたい)

DSC_0074_201502252311432c2.jpg

DSC_0075.jpg

DSC_0082_201502252312195d6.jpg

DSC_0084.jpg

DSC_0086.jpg

DSC_0087_201502252312366f7.jpg

DSC_0080_2015022523121563d.jpg

DSC_0092_201502252313099f5.jpg

DSC_0089_2015022523130691e.jpg

・・・・・ていうか、猛毒ヘビか大蛇(ニシキヘビとか)ばかりなんですが。
綺麗な無毒ヘビは少ないです。園長の趣味??!!

コブラ系って、立ち上がって威嚇行動していないと、普通のヘビですね。
眼も真っ黒で、頭部形状もアオダイショウみたいで可愛いので、
道端に居たら無毒ヘビと思って捕まえちゃいそう(笑)
ハブ系のヘビみたいに、明らかに縦目の人相悪い種類ならわかりますが・・・

アルビノコブラは模様が紅白に出ていて綺麗でしたが、
立ち上がってその模様を見ることが出来ません。脅かせないもん。
(笛吹くか???)

世界で一番美しい(らしい)イグアナとか。

DSC_0138_20150225231535f79.jpg

もちろん。カメもいましたよ。種類は少ないですが・・・・

DSC_0081.jpg

触れ合いコーナーでカメ触りまくり。

DSC_0095.jpg

最初は縮こまって居ても、撫でて刺激すると・・・

DSC_0098.jpg

大きくなった♪(伸びた)

種類は分かりませんが、トカゲやヘビも触れました。
(でも持たせて貰うのではなく、上から撫でるだけ。残念)

DSC_0093_20150225231310f42.jpg

あとは、ワニも複数種。

DSC_0104_201502252313315d4.jpg

なぜか、カメ水槽にビーバー(笑)

DSC_0100.jpg

ここで一度、室内展示場から野外展示場へ。

野外では、池があって、カメとアリゲーターガーが同居してたり。
なぜかタンチョウヅルとか、カンムリヅルとか、エミューとかラマだかアルパカだか。

あとこんなコーナーも。

DSC_0114_20150225231413e53.jpg

DSC_0113.jpg

結構頑張って探しましたが見つけられず。本当に20匹以上居るのか?!
他のお客さんが見つけた2匹の所在はわかりましたが、あとは行方不明です。

こんな見つけてみな!展示が何か所か・・・って、
野外通年でカメレオン飼育できるのですね!雪が降らない静岡県ならでは?

DSCF2094.jpg

・・・・・雑草地帯にしか見えない。(カメレオンが居るらしい)

アルダブラゾウガメなどのゾウガメも沢山飼育されていて、
なんと!こんなものまで・・・・

DSC_0109_20150225231352855.jpg

DSC_0106_201502252313499f9.jpg

DSC_0107.jpg

DSC_0105_20150225231348c82.jpg

園内初めてのアルダブラゾウガメの孵化が、2/18日だそうですが、
私たちが行ったのが2/22日。タイミングばっちりです!
ちょうど、ハッチ中のベビーカメが2匹居まして、まだ半分卵の中でした。
カメのハッチ自体、見られるのが珍しいとしても、アルダブラゾウガメだなんて・・・
一匹欲しい(笑)ひ孫、ひひ孫世代まで受け継がれるけど(子孫迷惑)

野外展示場から、そのまま次の施設に行くと、
こちらは通常の展示な感じ?

DSC_0115_2015022523141388e.jpg

小型のトカゲ類。ヘビ類のコーナーでしたが、
ここに居ましたよ。

サンゲイザー様。

DSC_0118.jpg

DSC_0119_20150225231434aeb.jpg

まだ小型の幼体でしたが、相変わらずカッコいいサンゲイザー。
アルマジロトカゲは居なかったなぁ~。

タランチュラとか、ゴキブリとか、アリとかの昆虫類コーナーも。

DSC_0124_20150225231439be5.jpg

DSC_0123_201502252314377ad.jpg

写真に撮っていませんが、ゴキブリタワーがあって、飛ばない系ゴキが山盛りに(ヒィィ)
来場者がキャーキャー言っていました(笑)

あとなぜか、飼育用品のブースとか、

DSC_0120_20150225231436d31.jpg

飼育インテリアのブースとか、

DSC_0125_20150225231452695.jpg

DSC_0127_201502252314536f9.jpg

巨大コルクの販売コーナーまで!

DSC_0131_2015022523145599a.jpg

商売してんなー(笑)

爬虫類に興味を持った人がそのまま飼おうと思えるように仕向ける感じ。

多分、これらのメーカーも協賛しているのかな?

お土産コーナーにも特殊な物が沢山売っていました。

特に私的にヒットだったのが、これ。

DSC_0133_20150225231456b75.jpg

ゴキブリとダンゴムシのティッシュカバー(笑)

しかも、裏面も結構リアルです。

DSC_0134_20150225231514bb7.jpg

巨大フィギアまで売っています。

DSC_0135_20150225231516885.jpg

DSC_0136.jpg

まぁ。買いませんけどね!!!(`・ω・´)

爬虫類・昆虫類の国内・海外書籍も多数販売!

DSC_0137_20150225231518324.jpg

飼育設備から飼育インテリアから、書籍やらグッズまで何でも有りな、
爬虫類ワールドでした(笑)

爬虫類を扱うので室内は暖かいから冬最高だし、結構最近できた施設なので綺麗だし、
思ったよりも広くて見応えがあって面白かったです☆
触ったりは思ったほど出来なかったかな~?
これなら、レプタイルズショーの方が触らせて貰える(笑)

この近くにアニマルキングダムがありますが、ここは以前行ったし、
時間もなかったのでパスしましたが、アニマルキングダムも面白いですよ!

一日中移動して、道々に食べ歩いて、見て歩いて、
休みを満喫してリフレッシュしました♪

ちなみに。イズー園内は、イズーのオリジナル曲がエンドレスに流れていて、
その曲が頭から離れません。CDも園内で売っていました(笑)



帰りの山道はかなり霧が濃かったですが、ちょっと幻想的でした☆

DSCF2096.jpg

小雨が降ったり止んだりの天気でしたが、傘も使わなかったし、
道も施設も空いてたしで、逆にちょうどよかったかな?

やっぱり、息抜きの遊びは大事ですね☆のクリックをどぞ♪
にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

デュビアとかマダゴキとかいる動物園って珍しいですよねw
ウチは奥さんも爬虫類大好きなので、でかいニシキヘビ首に巻いて写真撮りました。
んーまた行きたくなってきた(*´∀`

りょうさん♪

りょうさんも行ったことあるのですね!
外国ゴキって、なかなか見る機会が普通はありませんから・・・・
家で爆殖とかありえませんから・・・(笑)

ニシキヘビ。悩みましたが係員も居なかったのでしませんでした。
アルビノニシキヘビ。綺麗ですよね~♪

No title

そこ行きたいです。
面白そう!
爬虫類好きですので、きっと楽しめますね。
しかし、この真冬に外でカメレオンはないと思う…。
高山のカメレオンかな?
わたくし、毒蛇も飼育していたので(アメリカで)大好きです。
彼らは愛すべき生物です。
ガラガラ蛇なんか帰宅したら、シャンシャンシャンシャンと尾を振って音を出してくれます。
コブラは確かにフードを広げないと普通の蛇みたいですよね。

よく行く熱帯魚屋では今、魚より爬虫類が売れるらしいです。
もうブームは去ったと思ったけど、まだ人気なんですね。
比較すると爬虫類の方が光熱費かからないということで、魚から爬虫類に移ってる人も多いようです。

オアナーザさん♪

爬虫類好きにはたまらない施設だと思いますよ!

熱帯魚屋は、爬虫類関係の扱いも多いですが、
やっぱり私は熱帯魚の方がいいかな~なんて。
爬虫類の方が光熱費掛かりますよ。。。
我が家の2m水槽でも、冬の電気代は5000円アップくらいなのですが、
爬虫類はバスキング・保温で一日中熱量が必要なので・・・

爬虫類・熱帯魚の両刀が1番ですねヽ(^0^)ノ
プロフィール

Xantop

Author:Xantop
--------------------------
タンクデータ
水槽:アクリル水槽①
サイズ幅2000奥800高1000
濾過槽:特注上部式
サイズ幅2000奥350高300
連結小型アクリル水槽②
サイズ幅420奥320高400
タンク総水量 約1.4㌧
濾過材 フジノスパイラル 約130㍑
ポンプ エーハイム1262
蛍光灯 RB37(18W×6本)
ブロワー 30㍑
水換え週一 3分の2
水温 29度~30度
PH 分からん
【タンクメイト】
・アジアアロワナ
血紅龍レベル2【アジィ】レッドケン
超神龍スタンダード【コアジ】WT
・ショートゲオファーガス
・アルタムエンゼル
・ロイヤルファロウェラ
・ロングフィンブッシープレコ
・カージナルテトラ

水槽:ガラス水槽①
サイズ幅600奥450高300
特注フルドライ上部濾過槽
水温:常温
【タンクメイト】金魚
・福ダルマ
・玉サバ
・いわきフラッこ

水槽:ガラス水槽②
サイズ幅450奥300高300
テトラツインスポンジフィルター
水温:常温
【タンクメイト】メダカ
・みゆきダルマ
・楊貴妃ダルマ
・スターダストダルマ
--------------------------
2匹の紅龍の成長記録をメインに、ザントップ家の色々な日常を日記として更新していきます。
静岡生まれ静岡育ち静岡在住。
生き物なんでもщ(゚д゚щ)カモーン な生き物好きです♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
855位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
46位
アクセスランキングを見る>>
アクセス
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR