皮下線虫との戦い

ヤバい。ヤバい。
ブログ記事を書こう書こうと思いつつ、日にちがあっという間に経ってしまい、
放置ブログに出る広告が出ちゃうくらい放置しちゃっていました\(;゜∇゜)/


生きてますよ!


元気ですよ!!


仕事めっちゃ忙しいですよ!。・゚・(ノД`)・゚・。


今年に入って、毎月残業時間が100時間を越え、
やってもやっても、仕事の残量が増えていき、全くゴールが見えません・・・
ヤバい。頑張らないとマジでGWが無くなる・・・( ̄□ ̄;)!!


3月末に咲き始めた我が家のサクランボの木も、花が散るほど、期間が空きました。

DSC_4617.jpg

今年もサクランボが沢山実りそうですね~♪
サクランボ狩り。近場の人。来ますか???\(^o^)/

(昨年の我が家サクランボ)
DSC_0276_20150510210928698.jpg
DSC_0272.jpg


ブログ記事が遠ざかった理由として、

前回記事の直後のこちらの水槽ですが・・・・

DSC_4286.jpg


底面フィルターから、スポンジフィルターに交換したと報告しましたが、

現在の状況。

DSC_4697.jpg


。・゚・(ノД`)・゚・。


おっくんさんから貰った金魚ちゃん達。

5匹中3匹を落としてしまいました・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。

しかも、たった一日の間に・・・

理由として考えられることは、
新しいシステムに変えて、バクテリアなどがしっかりと付く前に、
金魚ちゃん達の卵とかが大量に産卵され、水が一気に悪化して、
アンモニアとかが出たのかもと・・・

先に帰ってきたザン母が気が付いて、バケツに新水を入れて、
生き残っていた個体を移してくれたので、
パクパクしていて、瀕死だった2匹は助ける事が出来ましたが、
3匹は・・・・(-∧-;) ナムナム

現在は元気になってくれましたが、水槽がちょっぴり寂しい。
仕事が正常値まで片付いたら、TAKUママさんとおっくんさんと金魚ツアーに行って、
お気に入りちゃんを導入しようと思います!\(^o^)/コリマセン!


んで!本題!!


題名にある、「皮下線虫」ですが、
これは、ツリガネ虫でも、イカリ虫でもありません。

その名前のとおり、鱗(皮)の下に入り込む線虫です (;´Д`)ゲロゲロ


寄生された魚種はこちら。


DSC_4624.jpg


アルタムちゃーん。・゚・(ノД`)・゚・。


体表面にある、ポツポツっと膨らんだ箇所が数か所見受けられますが、
最初は突き合いの傷か何かと思っていたのですが、
よーく見たら、白い糸のような虫が・・・

DSC_4626.jpg

DSC_4629.jpg


拡大すると分かり易いかな?

これねρ(・д・*)コレ


DSC_462600.jpg


(;´Д`)ゲロゲロ


白い糸みたいな線虫が、複数匹寄生しています。
アルタムオンリーなのですが、寄生されている個体は複数匹に寄生され、
寄生されていない個体は、一匹も寄生されない不思議。
あと、アルタムならアルタムにしか寄生しません。
アロワナや他のテトラ系。ラミレジィやゲオ。プレコ系には寄生しない不思議。
寄生虫にも宿主の好みがあるのかな???
調べてみたら、皮下線虫はシクリッド系やテトラ系に付き易いそうな。


とりあえず、駆虫しなければ!!!


ってことで。

購入したのがこちら。

DSC_4687.jpg


ドイツ製のセラ・メドのシリーズ。

この薬は、前回のアルタム全滅事件で知った薬なのですが、
魚にも害が無く、水草やバクテリアにも影響が少ないという優れもの。

グリーンFゴールドは、よく効くけれど、水草もバクテリアも死滅しますからね・・・

一本が、1500~2000リットル対応なのですが、
我が家の水槽水量が、本体&濾過槽&連結水槽で1600リットルは軽くあるので、
ほぼ、一本使う計算になります。

一本6000円以上します。バクテリアは死なないけれど、財布が死にますね♪

とりあえず、外皮寄生虫用のトレマゾル。内部寄生虫用のネマトールをメインで使用。
日にちをずらして、薬浴させました。

DSC_4558.jpg


このシリーズは、水がネットリするので、水槽が泡だらけになります(笑)

アロワナが居ると、薬浴は神経質になりがちですが、
セラ・メドシリーズは安心して使えるので助かります☆

本魚達には問題ないのに、ついでに一緒に薬浴されちゃったアジィとコアジ。
外皮&内部寄生虫用の駆虫薬で身体がスッキリするのか、活性が上がります。

目に見えなくても、餌や混泳魚から貰う虫や細菌が居るかもしれませんね。

しゃぶしゃぶドジョウを、ほれほれと水面で揺らして与えているのですが、
(水中に落として水槽底にまで餌が落ちてしまうと食べてくれないので)

活性の上がったアジィ。何を血迷ったのか、
水面下にぶら下がったドジョウではなく、ジャンプして水面上にある私の指に噛み付きました。


久しぶりにアロワナに噛まれて流血(笑)


笑える。(´▽`*)アハハー


薬浴を2日くらいしてから、ガンガンに水換えをして薬を抜きます。

DSC_4635.jpg


水換えついでに、お気に入りのコアジの背中ショット。
これだけ均等に綺麗に巻いた過背紅龍だと、池飼育が楽しそう(笑)

DSC_4661.jpg

DSC_4660.jpg

DSC_4659.jpg

鑚石背鱗(背中の鱗が一直線。読サンセキハイリン)だったら最高だったのですが~☆
水槽底面が白いので、色の濃さはボチボチですが、ツヤツヤ肌で綺麗です♪

爆食モードのアジィ。
餌をあげない期間が長いと(餌は思いついた時に与えるレベルで、3日くらい平気で空ける)
混泳している小魚(ラミレジィやコンゴテトラ)も狙うようになってしまった・・・
活性が上がり過ぎるのも考えものですねぇ~・・・

DSC_4639.jpg

寄生虫の薬浴は、寄生した目に見える虫への駆虫で一回目。
浮遊している卵が孵る3週間後くらいに再薬浴で駆虫するのが鉄則。
次は4月末くらいにやろうかな?

皮下線虫に効くか分からないと購入先から言われましたが、
とりあえず、今ついている寄生虫の寿命が来て取れた後に、
新しく寄生されなければ駆虫完了ということで、一カ月くらい様子見してみようと思います☆
購入先の人も、この結果報告が欲しいとの事だったので、良い実験台かな?(笑)

今回の事で、masaさんに相談したら電話を頂き、色々と助言をして貰いました。
masaさん。本当に色々と詳しくて助かります♪ありがとうございます!

駆虫薬でもダメだったら、最終手段。麻酔をかけてピンセットで取るしかないな。
皮下に居るので、ほじらなきゃいけないからやりたくないので、
薬で駆虫できることを祈って・・・(切実)

複数匹に寄生されていても、アルタム本魚は全く平気みたいで、
今まで通り普通に餌を食べているので、魚が死ぬ心配が無いのが唯一の救い。

ちなみに。種類によっては人間にも寄生する皮下線虫もいるそうなので、
飼育水を触った後に、目や口を触ると危ないそうですよ☆
私の目玉に線虫がウニョウニョ・・・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル


もっとコンスタントに記事書けよ。催促のクリック(笑)

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

Xantop

Author:Xantop
--------------------------
タンクデータ
水槽:アクリル水槽①
サイズ幅2000奥800高1000
濾過槽:特注上部式
サイズ幅2000奥350高300
連結小型アクリル水槽②
サイズ幅420奥320高400
タンク総水量 約1.4㌧
濾過材 フジノスパイラル 約130㍑
ポンプ エーハイム1262
蛍光灯 RB37(18W×6本)
ブロワー 30㍑
水換え週一 3分の2
水温 29度~30度
PH 分からん
【タンクメイト】
・アジアアロワナ
血紅龍レベル2【アジィ】レッドケン
超神龍スタンダード【コアジ】WT
・ショートゲオファーガス
・アルタムエンゼル
・ロイヤルファロウェラ
・ロングフィンブッシープレコ
・カージナルテトラ

水槽:ガラス水槽①
サイズ幅600奥450高300
特注フルドライ上部濾過槽
水温:常温
【タンクメイト】金魚
・福ダルマ
・玉サバ
・いわきフラッこ

水槽:ガラス水槽②
サイズ幅450奥300高300
テトラツインスポンジフィルター
水温:常温
【タンクメイト】メダカ
・みゆきダルマ
・楊貴妃ダルマ
・スターダストダルマ
--------------------------
2匹の紅龍の成長記録をメインに、ザントップ家の色々な日常を日記として更新していきます。
静岡生まれ静岡育ち静岡在住。
生き物なんでもщ(゚д゚щ)カモーン な生き物好きです♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
1023位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
58位
アクセスランキングを見る>>
アクセス
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR