アロワナハンドリング

ご無沙汰しています。(・ω・;)
いやー・・・一ヶ月近くブログを書かなかったですねぇ。


理由は明白。


ネタが無かった(笑)


今回、無理やりネタを作ったので記事を上げてみましたよ!\(^o^)/
アロワナに飽きるはずもなく、可愛がっておりますのでご心配なく☆

あー。アロワナライブの新刊。早く買って読みたいなぁ~。


本題に入る前に小ネタをどうぞ♪


すでに一ヶ月近く前の話しになりますが、
GWの時に、久しぶりに上部濾過槽の大掃除をしました。

DSC_6512.jpg

前に濾過槽掃除をしたのはいつだったっけ?
確か前回、一層目の濾過槽を掃除したらそれほど汚れていなかったので、
二層目の方は手をつけなかったと思いますので、
全体掃除は、一年以上ぶりですかね!\(^o^)/

DSC_6515.jpg

ゴミ袋にガッサガッサと濾過材を取って入れていきます。
本当。この時だけは濾過材がリング濾過材じゃなくて良かったと心底思いますね!
プラスチック濾過材のフジノスパイラル。

バクテリアの定着率&量というのは、同量のリング濾過材に負けると思いますが、
どれだけ手荒に洗ってもカスが出ないのと、半永久的に使用できる点や、
何より軽くて手を傷めないという清掃のメリットを考えるとリング濾過材には戻れません。

濾過槽の中には、エアーホースを沢山入れてあります。
バクテリアには酸素が必要ですからね~☆

DSC_6518.jpg

DSC_6519.jpg

DSC_6532.jpg

ちなみに当方の上部濾過槽には、フジノスパイラルのみで120リットルくらい入っています。
オーバーフロー式と濾過材の量は変わらないんじゃないかな?
まぁ。仕様がオーバーフロー式の上部濾過槽なので、そんな感じかな??

濾過槽を大掃除して気分はスッキリしたけれど、その後の水のキレが悪くなってしまって、
バクテリアが定着するまでの一ヶ月くらいは水槽が常にモヤモヤしていましたが(笑)

あと、ずーっとやりたいなぁ~っと思っていた事を実施してみました。

当方の濾過システム的に、水中ポンプから上部濾過槽に水を汲み上げるのですが、
汲み上げる経路が塩ビ管で作ってあって、微妙な振動音が気になっていたのです。
ホースに変えると振動音が軽減されるそうなので、ホースに替えたいなぁと。

DSC_6534.jpg

DSC_6535.jpg

オール塩ビ管だったのを、途中からホースに交換してみました☆


結果。


超静かになった!!\(^o^)/


エアーの音とか、水音は癒しで良いのですが、
振動音とかモーター音とか不快ですからねぇ~。
特に我が家は居間に水槽が置いてあるので尚更のこと。

システム系のお手入れで満足したGWでした☆


あと最近、アルタムちゃんにミナミヌマエビを買ってあげました。

DSC_6542.jpg

DSC_6543.jpg

DSC_6544.jpg

最初はお試しで500匹くらい入れたのですが、すぐに完食されたので、
翌週に3000匹の稚エビ&若エビを購入。アダルトサイズはアロワナも食べるので・・・

たまには活餌も良いよね~♪

活餌で思い出しましたが、いつもカージナルテトラを購入している店(ヤフオク)で、
いつもより安い状況だったので思わずポチッっと入札したら落とせちゃいました(笑)
いやいや。まだ結構居るのに・・・・

ただまぁ。購入したてのカージナルテトラって小さいので、
水槽に落ち着くまでのバタバタ期間中にアルタムに食べられそうだなーっと。
その中で生き残った個体が大きくなればいいぁ~っと┐('~`;)┌

導入してから当分はカージナルテトラ・カオス水槽になりそうです・・・
(今日届くので)




っで。今回記事の本題!


ネタがねぇ~。ネタがねぇ~って事で、ネタ作りにこんな物を購入してみましたよ☆

DSC_6540.jpg


ウェラブルカメラ!!


頭部の横の小さい機材がカメラになっていて、手元の撮影とか出来るってヤツです。
しかもこれ。水中対応なので水の中の撮影も出来る優れもの。

何でコレを購入したかというと・・・


アロワナハンドリングをガッツリ撮影したいから!


前々回くらいの記事で、アジィのエラ捲れの無麻酔手術をお伝えしましたが、
ハンドリングでアロワナがどれくらい大人しいのか文章では分かり難いので、
これは撮影するしかないかなと。

両手放しで撮影できる機材という事で、ウェラブルカメラを買ってみました☆
あると今後も色々と便利そうですしね~(´∀`*)ウフフ

一応4Kという事ですが、水槽撮影だと暗所になるので映像が荒くなりますね。
あと4K撮影にすると容量が凄く重たくなって扱い難いです。
次回からは撮影サイズを小さいレベルに落として撮影しようと思います・・・・



さて。今日の朝一で撮影したアジィとコアジのハンドリングをどうぞ♪


★音が出ます。ご注意★

もう少しカメラの向きを内側(下側)にすれば良かったかな。
ウェラブルカメラ初体験だから勘弁☆

ちょっと嫌がってしまい、大人しくなるまでにはいつもよりも時間が掛かりましたが、
映像1分40秒くらいから、諦めたのか麻酔をかけたかのように大人しくなります。

簡単な手術なら無麻酔でちょちょいっと出来ちゃいますね♪

アジィ (レッドケン・レベル2 ♀5歳)




逆にコアジはアロワナハンドリング初心者向けって感じで、
簡単に捕まえて、すぐに大人しくなります。
遊びに来た人に触らせるのはいつもコアジ(笑)

コアジ (WT・超神龍スタンダード ♂4歳)




1週間ぶりの水換え直前に撮影しちゃったので、水が若干白濁り・・・(´・ω・`)ショボーン
でもまぁ。アロワナのハンドリング具合は分かりますからね。

アロワナって、これだけ触っても手に気になるような魚臭さが残りません。
金魚なんて少し持っただけで金魚臭さが凄いのに(笑)
アロワナ。死ぬと粘膜がネバネバで超臭くなりますけどね!

アジィの方は若干抵抗しますが、コアジは大人し過ぎます(笑)
これ。弱っているわけでも薬を使っているわけでもないですからね!

コアジの後半映像で、水面を泳ぐミナミヌマエビを捕まえていますが、
薬なんて使っていたら、繊細な甲殻類はすぐに弱りますから分かり易いかな?
(極小サイズなので映像では見え難いですが・・・)

これくらいハンドリングした後でも、すぐに餌を食べるくらいダメージは少ないです。

日頃、私が定期的にハンドリングしているかというとそんなわけも無く、
手術する時と、ブログネタにする時くらいしか触りませんよ~。

ハンドリングによる人の手熱で魚が火傷するとか言われた事がありますが、
それって冷水帯の海水魚や日淡魚とかじゃないかな~っと思いました。
常に低水温(10度~15度前後)で生きている魚達には30度以上はキツイでしょうが、
アロワナなんて常に30度くらいの水温で生活しているし、
病気の時には34度くらいに上げちゃっても平気なのに、
36度程度の人肌なんて、そんな大差ないでしょう~。しかも水中で触っているしね☆

って事で、気にせずにハンドリングしています。(´∇`)ケラケラ

さすがにお腹を見せるような引っくり返しはさせてくれませんが、
横向きくらいなら平気ですね。二匹共。

強くガッツリ掴むと表粘膜が剥がれて荒れるので、優しくソフトタッチです。

さぁ。これを見て、ご自分の愛魚がどれほど触れるのかチャレンジしたくなった人。

アロワナが嫌がってジャンプして床でビチビチしても責任は取りませんので!(笑)
あくまでも、アロワナに無理強いしちゃダメですよ~!!

次はウェラブルカメラで水中アロワナ撮影をしてみようかな。
ポイッと投げ入れたらアロワナが咥える映像(口の中)とか撮れないかな?
ネタの為に買ったカメラ。もう少し遊んでみようと思います\(^o^)/


アロワナって本当可愛い。のクリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

待ってました!

更新待ってました。
ハンドリング相変わらずお見事ですね!!
東南アジアのファーム方が池上げでやるハンドリングに似てますね!  濾過槽の清掃、フジノスパイラルの量すごいですね!!清掃後の立ち上りにひと月掛るのは大変ですね。
バクテリアには、好気性と嫌気性が存在するのでスパイラルだけの濾過槽は定着に時間が掛る分弱いのかもしれないですね。我家の濾過槽は、一番大きい槽にはどこにでも売ってるリング濾材、その上の皆さんがマットを入れている所の下半分にリング濾材を入れ上半分はマットを入れ疑似シャワー槽みたいな感じにして嫌気性と好気性が棲み分け出来る環境にしてますよ!どれだけ効果が有るかは分かりませんが、月一の半量水替えですが立ち上りは早いし悪化は経験してないですよ。

九龍さん♪

ネタが無さ過ぎたのでネタを無理やり作ってみました(笑)
ハンドリングは、アロワナは首を横に振って逃げようとするので、アロワナの逃げる力に無理に抵抗せず、尚且つ逃がさないようにすると、やっぱりああいった動きに自然となりますね。
魚が落ち着けば(諦めれば)大人しくされるがままになりますよ!

ろ過システム参考になります☆
ただ・・・・私の場合は魚の入れ過ぎ&餌の与え過ぎに原因があるので、
バクテリア関係より、とにかく定期的な換水が一番手っ取り早いのですが、
定期的な換水も、仕事の関係でなかなか出来ないのがイタイですね!

すばらしいですね

名無しさん♪

ありがとうございます♪
プロフィール

Xantop

Author:Xantop
--------------------------
タンクデータ
水槽:アクリル水槽①
サイズ幅2000奥800高1000
濾過槽:特注上部式
サイズ幅2000奥350高300
連結小型アクリル水槽②
サイズ幅420奥320高400
タンク総水量 約1.4㌧
濾過材 フジノスパイラル 約130㍑
ポンプ エーハイム1262
蛍光灯 RB37(18W×6本)
ブロワー 30㍑
水換え週一 3分の2
水温 29度~30度
PH 分からん
【タンクメイト】
・アジアアロワナ
血紅龍レベル2【アジィ】レッドケン
超神龍スタンダード【コアジ】WT
・ショートゲオファーガス
・アルタムエンゼル
・ロイヤルファロウェラ
・ロングフィンブッシープレコ
・カージナルテトラ

水槽:ガラス水槽①
サイズ幅600奥450高300
特注フルドライ上部濾過槽
水温:常温
【タンクメイト】金魚
・福ダルマ
・玉サバ
・いわきフラッこ

水槽:ガラス水槽②
サイズ幅450奥300高300
テトラツインスポンジフィルター
水温:常温
【タンクメイト】メダカ
・みゆきダルマ
・楊貴妃ダルマ
・スターダストダルマ
--------------------------
2匹の紅龍の成長記録をメインに、ザントップ家の色々な日常を日記として更新していきます。
静岡生まれ静岡育ち静岡在住。
生き物なんでもщ(゚д゚щ)カモーン な生き物好きです♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
875位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
49位
アクセスランキングを見る>>
アクセス
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR