濾過トラブル

以前の記事で、濾過槽を全洗浄した後から水のキレが悪いとお伝えしました。
バクテリアの定着が遅いのかなぁ~っと。
週一の日曜日の水替えから、水曜日くらいには白濁りしている状態が続く。
そして毎日バタバタと死んでいく連結小型水槽にストック中のゲオベビー達・・・

最終に採仔したロット稚魚、200匹が全部死亡して、
二番目のサイズの稚魚も毎日10匹くらいずつ死んでいく。
最後の方では同じ水槽にストックしていたロイヤルファロウェラのベビーまでも死亡。


何かが悪くなっている。


なんだろう。


なんだろう。


怖いなぁ~。


怖いなぁ~。(稲川淳二風)




そして、ようやく原因が分かりました。




水中ポンプがほとんど機能していませんでした。



少しは出ていたのですよ。


後ろの塩ビから出ているチョロチョロポタポタと・・・・。
出ている。っというレベルでもないくらいの量で。



手前の塩ビから出ている流水は、連結小型水槽からの排水です。
サイフォン式でポンプなど使っていない自然落下水。それよりも少ない濾過状態でした。

ってか、このポンプ水量で多分2週間以上回していた状態だと思うのですが、
(稚魚の死亡開始くらいからだと思うので)
飼育水は白濁りはしましたが、メインタンクの水槽の魚達まったく体調を崩さなかった。
ほぼ水槽内のエアレーションだけだったと思いますが・・・危ない~・・・
こんな状態では、いつまで経っても水がキレるはずもない。

濾過槽が機能していない状態でもメインタンクに影響がなかったのは、
メインタンク内への強いエアレーションと、水量に対しての魚の少なさが幸いしました。
水量が多いとシステムトラブルの影響も緩和できるので、
やっぱり「水量多めの魚は少なめ」飼育が一番ですね!

とりあえず、使用中のエーハイム1262と同型を早急にネット購入。

DSC_6565.jpg


交換しました。



交換したての時には、上部濾過槽から白濁りした水が大量に落下してきて、
やっぱり濾過槽の水が悪くなっていたのだろうと思われます。(ダメな菌が大繁殖とか?)

流水量が戻ってから数日したら、ゲオベビーが死ななくなりました。
もっと早く気が付いていれば・・・・

水の落下する塩ビの口元を水中に入れて水音を軽減しているのが仇となりましたね。
水槽のチェック時に、ポンプのゴミ詰まりや水中ポンプから上がる水も確認したのですが、
ポンプ内も綺麗でシャワーパイプから水も出ていたので、ポンプはOKとしてしまい、
水量が激減している事まで気が付きませんでした・・・・

今回の犠牲魚。ゲオベビー数百匹。ロイファロベビー6匹でした。
メインタンクの魚は一匹も死んでいないのですが、
濾過槽の水が直接入る小型水槽故に悪影響が強かったのでしょう・・・

それでもゲオベビー。これくらいまだ残っていますが。

DSC_6569.jpg

ロイファロベビーは、数匹が死亡してからすぐに全匹メインタンクに合流させました。
まだ小さいので食べられてしまう心配がありますが、水悪化で死んでしまうよりはマシ。
10匹くらい放流したけれど、現在何匹生き残っているのかは不明です。
流木の中に居ると、全然分からないので(^^;)

またロイファロベビーを買って育てなきゃ・・・

それにしても、ポンプ交換後の流水量でずーっと来ているのですが、
魚も大きくなり、やっぱり2m水槽を回す流水量じゃないよなーっと今回ちょっと思いました。
こう、ジャバジャバと出ていませんからね。

でもポンプ作動確認の時に、上部フィルターから外した状態で作動させてみたら、
ジャーっと、凄い勢いで水がホースから出ていました。
もしかしたら、配管が細い&L曲りが多いせいで流水量が落ちているのかも。
直管に近い状態&太めの配管に変えたら、流水量が上がりそうな気がします。

ただ、特注で作って貰った上部濾過槽なので、穴を広げるとか色々と手を加えないと、
配管交換が出来ないのが痛い。
キッチリ作って貰った分、融通が利かない製品になってしまったので。

時間と気合が出来たら、頑張って配管の改良をしてみようと思います。


まぁ。なんにせよ、

メインタンクに何事も無くて良かった。(ベビー達には可哀想なことをしましたが)

DSC_6603.jpg


そんな状況だったのに、餌食い状態が絶好調だったアジィさん。

DSC_6629.jpg

DSC_6635.jpg

DSC_6642.jpg

ポンプを注文中、来るまでの三日間は毎日3分の2以上を水換えしていたので、
アジィもコアジも色が飛びまくりました(笑)
コアジなんて黄色を通り越してクリーム色レベル(笑)アジィは薄いオレンジくらい。
個体差なのか、色質の違いなのか、アジィの方が色飛びが少ないですね~。


本当。大事にならなくて良かった。



ポンプが正常稼働した水槽の前で寝っ転がりながら眺める水景。

DSC_6663.jpg


水質に一番うるさいはずのアルタム達も、今回は何事もありませんでした。(なぜ?)

DSC_6678.jpg

DSC_6692.jpg

DSC_6673.jpg

水槽の奥に行くと、青色が濃く綺麗に見えるアルタムちゃん。

DSC_6689.jpg

DSC_6691.jpg

底モノのロングフィンブッシーも問題なし。

DSC_6669.jpg

オス個体は髭がキモイ。

DSC_6681.jpg

メスは可愛い。

DSC_6693.jpg

ロングフィンブッシーはなかなか綺麗な品種です♪

DSC_6695.jpg

このヒレ長で、流木の下のゴミを掻き出してくれます。
ヒレを入れても3センチサイズくらいのベビーを20匹くらい入れたのですが、
現在アダルトになって8匹くらい残っているのかな?
ボディで10センチくらい。ヒレ長を入れると大きい個体で15センチくらいあります。

この種類も増やしたいのですがねぇ~。メスはふっくらと抱卵している様子だし。
産卵筒。良いサイズを手に入れないとなぁ・・・

あと、一つ小さい水槽をセットしました。
物置に放置してあった45センチ水槽。
楊貴妃メダカと幹之メダカを混合育成中です。
前回のサバイバル子育て記事で生き残ったゲオベビー数匹もついでに(笑)

DSC_6593.jpg


こうして少しずつ、居間が水槽だらけになっていく・・・・(笑)



水槽設備トラブルは怖いん!!のクリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

(;´Д`)

大変やったッス(;´Д`)ネ
ポンプ(濾過層)の流量は絶対に落ちるので、
定期的に洗浄か、モーター部分は摩耗したら
交換・・なんでしがぁ、そのタイミングはぁ、

 ・交換時期を決めておく(1.5〜2年に1回とか)
 ・調子が変・・と思ったら徹底的に原因を調べる

で、前者は水族館とかの方法で、やっぱ、後者
が一般的ッスね。で、魚の動きを毎日観察して
ても、毎日過ぎて逆に見過ごすコトも多いのでぇ、
やっぱ、バロメータは「pH」チェック・・かな(´_`)

流量が滞ってるコトに気付かないと、見た目は普通
の水でも、性状(成分組成)が変わってるッスね。
(今回の場合、流量が落ちると、汚れが吸い込まれ
て分解されるまでに時間がかかっちゃうので、予想
されてたよーな「有機栄養型」のバクテリア(濾過
バクテリア(硝化細菌とは異なる)が急激に増えた
か、あるいはその影響でpHが酸性側に傾いたコト
で、濾過バクテリアの活性が落ちたか(バクテリア
(菌)は、全般的に、弱アルカリ〜アルカリ側で活性
が高い)・・かな(´_`)

あと、イチバン怖いのが、低pHが続いて濾過バク
テリアがサボると、亜硝酸やアンモニアが発生する
・・ってサイクル(;´Д`)ネ お魚がポロポロ落ちる原因
で、病気以外では、偶然危険な薬物が入っちゃうか、
酸欠か、あるいはコレ(アンモニア)しか無いッスから
(;´Д`)ネ

何年やってても・・と言うか、むしろ長年やってるとぉ、
「慣れ」が災いするコトも多いッスもんネ(;´Д`)

ひろぴーさん♪

コメントありがとうございます!

本当・・・せっかく順調に育っていたのに申し訳ないことをしました。
濾過槽内にはブロワーでエアーの爆気も多かったのですが、
バクテリアが死滅してアンモニアや亜硝酸が増えたのかも・・・

メインタンクには何事もなかったので、濾過槽内の悪化が原因のようです。
育成水槽は濾過槽から直接水を引いていたので影響も大きかったようで・・・

ポンプの洗浄は定期的にしていたのですが、流水量の低下とは・・・
これを教訓に、定期的にポンプは新品交換しますね!

また大量注文させて頂きましたが、次はしっかりと育て上げますので!(汗)
宜しくお願い致します♪

大変でしたね!

ザンさん大変でしたね。
巨大水槽で上部だとなかなか濾過槽に目が行き届かない感じですかね? ポンプも水中に有るとメンテナンスも一苦労ですね!
いっそ、外部ポンプに切換えるのも手ですね!
掃除も変化に気づくのも早いかと思います。

九龍さん♪

稚魚達には可哀そうな事をしてしまいました・・・
水中ポンプだと、音が消音される上、発熱による水温上昇に一役買うので、
メンテや管理と相殺されるくらいメリットもあるのですよね・・・
とりあえず配管変更を考えておりますが、なかなか大変な作業になりそうなので、
着手するまでが長そうです(笑)
プロフィール

Xantop

Author:Xantop
--------------------------
タンクデータ
水槽:アクリル水槽①
サイズ幅2000奥800高1000
濾過槽:特注上部式
サイズ幅2000奥350高300
連結小型アクリル水槽②
サイズ幅420奥320高400
タンク総水量 約1.4㌧
濾過材 フジノスパイラル 約130㍑
ポンプ エーハイム1262
蛍光灯 RB37(18W×6本)
ブロワー 30㍑
水換え週一 3分の2
水温 29度~30度
PH 分からん
【タンクメイト】
・アジアアロワナ
血紅龍レベル2【アジィ】レッドケン
超神龍スタンダード【コアジ】WT
・ショートゲオファーガス
・アルタムエンゼル
・ロイヤルファロウェラ
・ロングフィンブッシープレコ
・カージナルテトラ

水槽:ガラス水槽①
サイズ幅600奥450高300
特注フルドライ上部濾過槽
水温:常温
【タンクメイト】金魚
・福ダルマ
・玉サバ
・いわきフラッこ

水槽:ガラス水槽②
サイズ幅450奥300高300
テトラツインスポンジフィルター
水温:常温
【タンクメイト】メダカ
・みゆきダルマ
・楊貴妃ダルマ
・スターダストダルマ
--------------------------
2匹の紅龍の成長記録をメインに、ザントップ家の色々な日常を日記として更新していきます。
静岡生まれ静岡育ち静岡在住。
生き物なんでもщ(゚д゚щ)カモーン な生き物好きです♪

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
990位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
54位
アクセスランキングを見る>>
アクセス
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR