開設5周年

本日、11月11日は、当ブログ開設記念日!


5周年となりました~ヽ(^0^)ノ


あっという間ですねぇ。でももっと長くやっている気もする(笑)
まぁ紅龍飼育自体が16年くらいの歴になるので、
そりゃあ年もとるってもので。

毎年恒例の1年締め括りでアジィとコアジの成長記録まとめです☆
照明はRB37単体。フラッシュ無しです。
途中までは、これまた毎年恒例で昨年記事をコピッて使います!


では。どうぞ☆


我が家に来る前のレッドケン時代のアジィ。

2011年9月~10月くらい。

3072_20111220220757.jpg
3073.jpg

2011年11月13日。我が家に到着。

DVC00066.jpg

2011年12月25日。

DSCF0050.jpg
DSCF0051.jpg

2011年12月30日

DSCF0086.jpg

2012年1月30日

DSCF0235.jpg

2012年3月24日

DSCF0357.jpg
DSCF0353.jpg
DSCF0355.jpg

2012年5月16日

DSCF0497.jpg

2012年9月28日

CIMG0223.jpg
CIMG0222.jpg

2012年11月11日

DSCF7599.jpg
DSCF7600.jpg

2012年12月13日

DSCF7682.jpg
DSCF7680.jpg

2013年3月10日

DSC_0068.jpg
DSC_0064.jpg
DSC_0071.jpg
DSC_0058.jpg

2013年6月15日

DSC_0135.jpg
DSC_0134.jpg

2013年11月11日照明横当て

DSC_0201.jpg
DSC_0188.jpg
DSC_0209.jpg
DSC_0200.jpg


2014年3月21日

DSC_0390.jpg

2014年6月10日

DSC_0475.jpg
DSC_0461.jpg

2014年6月22日

DSC_0491.jpg

2014年7月21日

DSC_0608.jpg
DSC_0612.jpg

2014年10月6日

DSC_1159.jpg

2014年11月11日

DSC_1237.jpg
DSC_1244.jpg
DSC_1246.jpg

2015年11月11日

DSC_1885.jpg
DSC_1909.jpg

2016年3月15日

DSC_4399.jpg
DSC_4412.jpg

2016年7月9日

DSC_6069.jpg

2016年7月26日

自身初のエラめくれを経験

DSC_6225.jpg
DSC_6227.jpg

2016年7月31日

エラめくれ完治。

DSC_6501.jpg


2016年11月11日(本日)

DSC_7276.jpg



うん。もう全く変化ないですね。\(^o^)/


サイズがちょっぴり大きくなったくらいでしょうか?
毎年数センチずつ、ジワジワと成長しているようです。

今年はアジィがエラめくれになってビックリしました!

5歳(2011年生まれ-2016)になったアジィ。
レッドケンのレベル2にしては良い個体に育ってくれたと思います。
色の厚みがあるし、ボディも若干ハイボ系で立派に見えます。
各ヒレは大きくは無いですが・・・
左目が目垂れ気味ですが、顎ズレはありません。
ちょっと頭部がゴツゴツと老けてきているのが気になります。

色の浸食はもう無いでしょう。
好みのメリハリ発色個体で完成しそうです。
幼魚時代の写真を見て頂くと分かり易いですが、
幼魚時代。光沢とかほぼ皆無でしたから(笑)

DSCF0086.jpg

光沢のある所も鈍く薄くで、発色する気配無し(笑)
現在の幼魚判別にも言えるギラギラ感が無いのが写真でも分かります。

30㎝くらいに育っても、頬以外に発色の気配が無くて若干焦ったりしました。

DSCF0235.jpg

ベタ系ではないメリハリ系を探している人は、
鱗底がまったく光っていないマットな個体を選んでみてね♪
内側まで光っている個体は、ほとんど浸食しますので・・・(多分)

ベタ赤が好きな人も多いですが、メリハリ系も綺麗ですよ♪
欲を言えば藍底のメリハリ系が最高ですが、そのうち浸食しちゃいますしね・・・

DSC_0475.jpg

肌がコアジより弱く、定期的に肌荒れが発生するアジィですが、
今年は肌荒れがほとんどありませんでした。

思い出した時に入れている「にがり」効果ですかね?
今年は一度も薬を使った薬浴をしていないので助かりました。

来年も引き続き、心身共に健康にいられるように飼育します♪



次は、コアジの1年です。

我が家に来た頃

2012年4月4日。

DSCF0412.jpg

2012年5月16日。

DSCF0501.jpg

2012年11月3日。

DSCF7574.jpg
DSCF7576.jpg

2013年1月1日。

DSCF7902.jpg
DSCF7893.jpg
DSCF7947.jpg

2013年3月25日。

DSC_0013.jpg
DSC_0017_20130331072903.jpg

2013年6月1日。

DSC_0111_20130601064452.jpg
DSC_0122_20130601064510.jpg
DSC_0119.jpg

2013年10月19日。

DSCF0604_20131019093744023.jpg

2013年11月11日

DSC_0235.jpg
DSC_0239.jpg
DSC_0185.jpg

2014年3月21日

DSC_0391.jpg

2014年4月19日

DSC_0406.jpg

2014年6月10日

DSC_0480.jpg

2014年7月21日

DSC_0625.jpg

2014年8月11日

DSC_0626_20140811072458a24.jpg

2014年9月7日

DSC_0786.jpg
DSC_0789.jpg

2014年9月24日

DSC_1133.jpg

2014年11月11日

DSC_1236.jpg
DSC_1241.jpg
DSC_1243.jpg
DSC_1249.jpg

2015年11月11日

DSC_1901.jpg

2016年3月1日

DSC_4264.jpg
DSC_4243.jpg
DSC_4269.jpg

2016年11月11日(本日)

DSC_7271.jpg
DSC_7272.jpg

やべぇ。今年まともにコアジの写真をほとんど撮っていない(笑)

そしてなぜか現在色がぶっ飛び中(笑)

アップロードしている写真の中から過去のを拾っているのですが、
コアジの写真。ほとんどない事に気が付きました(笑)

唯一の写真が、神威さんのフォトコンテストに出した写真くらい。
気になっていた漆絵を、フォトコングランプリになって頂くことが出来ました♪

コアジは色がイエローカラーで、アジィの横で比較されるのが可哀想なくらいですが、
広く大きなヒレと艶と光沢のある鱗が、マットなアジィと真逆で綺麗です。
綺麗系の好きな人はコアジが。赤に拘る人にはアジィが。と綺麗に好みが分かれます。
最近ガッツリと餌を与えていないので、ちょっとボディが痩せちゃったかな~(・ω・;)

コアジの大人しさは笑っちゃうくらいのレベルで、ハンドリングはもちろん。
両手で目隠しのように頭部を手で包み込んでも、大人しくジーッとしています。
何を考えているのでしょうか??

もし繁殖が成功してコアジが卵を咥えても、簡単に吐かせられそうな気がします(笑)



ブログを開設した頃からの水槽風景

5年前(2011)の水槽全景
DVC00073.jpg

4年前(2012)の水槽全景
DSCF7476.jpg

3年前(2013)の水槽全景
DSC_0243.jpg

2年前(2014)の水槽全景
DSC_1188_20141111222003ea4.jpg

1年前(2015)の水槽全景
DSC_1910.jpg

今年(2016)の水槽全景
DSC_7259.jpg

やっぱりコアジ。色がぶっ飛んでるなー。なぜだ?(・_・?)ワカンナイ

ま。元気だからいっか!\(^o^)/


最近は水槽の景観が固定化して、自分の中で完成したかな?っと思います。
タンクメイトのメンツも変わり映えしませんし。
大崩壊が無いように、現状維持で今後も楽しくやっていきます♪


そして最後に。

この5年間の画像を見て分かる事・・・・

私はアロワナの上半身しか見ていない!!(爆)!

身体全体の写真が極端に少ない(笑)

だから魚を選ぶ基準が、まずは頭部が好みかどうかなのです。
お尻なんてほとんど見ていないし。

アロワナの選別時に、人それぞれの拘りがありますが、
私はとにかく、「顔」ですかね(笑)


ってなわけで。

来年の6周年に向けてまた頑張ります!


開設5周年おめでとう!クリック\(^o^)/

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

濾過トラブル

以前の記事で、濾過槽を全洗浄した後から水のキレが悪いとお伝えしました。
バクテリアの定着が遅いのかなぁ~っと。
週一の日曜日の水替えから、水曜日くらいには白濁りしている状態が続く。
そして毎日バタバタと死んでいく連結小型水槽にストック中のゲオベビー達・・・

最終に採仔したロット稚魚、200匹が全部死亡して、
二番目のサイズの稚魚も毎日10匹くらいずつ死んでいく。
最後の方では同じ水槽にストックしていたロイヤルファロウェラのベビーまでも死亡。


何かが悪くなっている。


なんだろう。


なんだろう。


怖いなぁ~。


怖いなぁ~。(稲川淳二風)




そして、ようやく原因が分かりました。




水中ポンプがほとんど機能していませんでした。



少しは出ていたのですよ。


後ろの塩ビから出ているチョロチョロポタポタと・・・・。
出ている。っというレベルでもないくらいの量で。



手前の塩ビから出ている流水は、連結小型水槽からの排水です。
サイフォン式でポンプなど使っていない自然落下水。それよりも少ない濾過状態でした。

ってか、このポンプ水量で多分2週間以上回していた状態だと思うのですが、
(稚魚の死亡開始くらいからだと思うので)
飼育水は白濁りはしましたが、メインタンクの水槽の魚達まったく体調を崩さなかった。
ほぼ水槽内のエアレーションだけだったと思いますが・・・危ない~・・・
こんな状態では、いつまで経っても水がキレるはずもない。

濾過槽が機能していない状態でもメインタンクに影響がなかったのは、
メインタンク内への強いエアレーションと、水量に対しての魚の少なさが幸いしました。
水量が多いとシステムトラブルの影響も緩和できるので、
やっぱり「水量多めの魚は少なめ」飼育が一番ですね!

とりあえず、使用中のエーハイム1262と同型を早急にネット購入。

DSC_6565.jpg


交換しました。



交換したての時には、上部濾過槽から白濁りした水が大量に落下してきて、
やっぱり濾過槽の水が悪くなっていたのだろうと思われます。(ダメな菌が大繁殖とか?)

流水量が戻ってから数日したら、ゲオベビーが死ななくなりました。
もっと早く気が付いていれば・・・・

水の落下する塩ビの口元を水中に入れて水音を軽減しているのが仇となりましたね。
水槽のチェック時に、ポンプのゴミ詰まりや水中ポンプから上がる水も確認したのですが、
ポンプ内も綺麗でシャワーパイプから水も出ていたので、ポンプはOKとしてしまい、
水量が激減している事まで気が付きませんでした・・・・

今回の犠牲魚。ゲオベビー数百匹。ロイファロベビー6匹でした。
メインタンクの魚は一匹も死んでいないのですが、
濾過槽の水が直接入る小型水槽故に悪影響が強かったのでしょう・・・

それでもゲオベビー。これくらいまだ残っていますが。

DSC_6569.jpg

ロイファロベビーは、数匹が死亡してからすぐに全匹メインタンクに合流させました。
まだ小さいので食べられてしまう心配がありますが、水悪化で死んでしまうよりはマシ。
10匹くらい放流したけれど、現在何匹生き残っているのかは不明です。
流木の中に居ると、全然分からないので(^^;)

またロイファロベビーを買って育てなきゃ・・・

それにしても、ポンプ交換後の流水量でずーっと来ているのですが、
魚も大きくなり、やっぱり2m水槽を回す流水量じゃないよなーっと今回ちょっと思いました。
こう、ジャバジャバと出ていませんからね。

でもポンプ作動確認の時に、上部フィルターから外した状態で作動させてみたら、
ジャーっと、凄い勢いで水がホースから出ていました。
もしかしたら、配管が細い&L曲りが多いせいで流水量が落ちているのかも。
直管に近い状態&太めの配管に変えたら、流水量が上がりそうな気がします。

ただ、特注で作って貰った上部濾過槽なので、穴を広げるとか色々と手を加えないと、
配管交換が出来ないのが痛い。
キッチリ作って貰った分、融通が利かない製品になってしまったので。

時間と気合が出来たら、頑張って配管の改良をしてみようと思います。


まぁ。なんにせよ、

メインタンクに何事も無くて良かった。(ベビー達には可哀想なことをしましたが)

DSC_6603.jpg


そんな状況だったのに、餌食い状態が絶好調だったアジィさん。

DSC_6629.jpg

DSC_6635.jpg

DSC_6642.jpg

ポンプを注文中、来るまでの三日間は毎日3分の2以上を水換えしていたので、
アジィもコアジも色が飛びまくりました(笑)
コアジなんて黄色を通り越してクリーム色レベル(笑)アジィは薄いオレンジくらい。
個体差なのか、色質の違いなのか、アジィの方が色飛びが少ないですね~。


本当。大事にならなくて良かった。



ポンプが正常稼働した水槽の前で寝っ転がりながら眺める水景。

DSC_6663.jpg


水質に一番うるさいはずのアルタム達も、今回は何事もありませんでした。(なぜ?)

DSC_6678.jpg

DSC_6692.jpg

DSC_6673.jpg

水槽の奥に行くと、青色が濃く綺麗に見えるアルタムちゃん。

DSC_6689.jpg

DSC_6691.jpg

底モノのロングフィンブッシーも問題なし。

DSC_6669.jpg

オス個体は髭がキモイ。

DSC_6681.jpg

メスは可愛い。

DSC_6693.jpg

ロングフィンブッシーはなかなか綺麗な品種です♪

DSC_6695.jpg

このヒレ長で、流木の下のゴミを掻き出してくれます。
ヒレを入れても3センチサイズくらいのベビーを20匹くらい入れたのですが、
現在アダルトになって8匹くらい残っているのかな?
ボディで10センチくらい。ヒレ長を入れると大きい個体で15センチくらいあります。

この種類も増やしたいのですがねぇ~。メスはふっくらと抱卵している様子だし。
産卵筒。良いサイズを手に入れないとなぁ・・・

あと、一つ小さい水槽をセットしました。
物置に放置してあった45センチ水槽。
楊貴妃メダカと幹之メダカを混合育成中です。
前回のサバイバル子育て記事で生き残ったゲオベビー数匹もついでに(笑)

DSC_6593.jpg


こうして少しずつ、居間が水槽だらけになっていく・・・・(笑)



水槽設備トラブルは怖いん!!のクリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

アロワナハンドリング

ご無沙汰しています。(・ω・;)
いやー・・・一ヶ月近くブログを書かなかったですねぇ。


理由は明白。


ネタが無かった(笑)


今回、無理やりネタを作ったので記事を上げてみましたよ!\(^o^)/
アロワナに飽きるはずもなく、可愛がっておりますのでご心配なく☆

あー。アロワナライブの新刊。早く買って読みたいなぁ~。


本題に入る前に小ネタをどうぞ♪


すでに一ヶ月近く前の話しになりますが、
GWの時に、久しぶりに上部濾過槽の大掃除をしました。

DSC_6512.jpg

前に濾過槽掃除をしたのはいつだったっけ?
確か前回、一層目の濾過槽を掃除したらそれほど汚れていなかったので、
二層目の方は手をつけなかったと思いますので、
全体掃除は、一年以上ぶりですかね!\(^o^)/

DSC_6515.jpg

ゴミ袋にガッサガッサと濾過材を取って入れていきます。
本当。この時だけは濾過材がリング濾過材じゃなくて良かったと心底思いますね!
プラスチック濾過材のフジノスパイラル。

バクテリアの定着率&量というのは、同量のリング濾過材に負けると思いますが、
どれだけ手荒に洗ってもカスが出ないのと、半永久的に使用できる点や、
何より軽くて手を傷めないという清掃のメリットを考えるとリング濾過材には戻れません。

濾過槽の中には、エアーホースを沢山入れてあります。
バクテリアには酸素が必要ですからね~☆

DSC_6518.jpg

DSC_6519.jpg

DSC_6532.jpg

ちなみに当方の上部濾過槽には、フジノスパイラルのみで120リットルくらい入っています。
オーバーフロー式と濾過材の量は変わらないんじゃないかな?
まぁ。仕様がオーバーフロー式の上部濾過槽なので、そんな感じかな??

濾過槽を大掃除して気分はスッキリしたけれど、その後の水のキレが悪くなってしまって、
バクテリアが定着するまでの一ヶ月くらいは水槽が常にモヤモヤしていましたが(笑)

あと、ずーっとやりたいなぁ~っと思っていた事を実施してみました。

当方の濾過システム的に、水中ポンプから上部濾過槽に水を汲み上げるのですが、
汲み上げる経路が塩ビ管で作ってあって、微妙な振動音が気になっていたのです。
ホースに変えると振動音が軽減されるそうなので、ホースに替えたいなぁと。

DSC_6534.jpg

DSC_6535.jpg

オール塩ビ管だったのを、途中からホースに交換してみました☆


結果。


超静かになった!!\(^o^)/


エアーの音とか、水音は癒しで良いのですが、
振動音とかモーター音とか不快ですからねぇ~。
特に我が家は居間に水槽が置いてあるので尚更のこと。

システム系のお手入れで満足したGWでした☆


あと最近、アルタムちゃんにミナミヌマエビを買ってあげました。

DSC_6542.jpg

DSC_6543.jpg

DSC_6544.jpg

最初はお試しで500匹くらい入れたのですが、すぐに完食されたので、
翌週に3000匹の稚エビ&若エビを購入。アダルトサイズはアロワナも食べるので・・・

たまには活餌も良いよね~♪

活餌で思い出しましたが、いつもカージナルテトラを購入している店(ヤフオク)で、
いつもより安い状況だったので思わずポチッっと入札したら落とせちゃいました(笑)
いやいや。まだ結構居るのに・・・・

ただまぁ。購入したてのカージナルテトラって小さいので、
水槽に落ち着くまでのバタバタ期間中にアルタムに食べられそうだなーっと。
その中で生き残った個体が大きくなればいいぁ~っと┐('~`;)┌

導入してから当分はカージナルテトラ・カオス水槽になりそうです・・・
(今日届くので)




っで。今回記事の本題!


ネタがねぇ~。ネタがねぇ~って事で、ネタ作りにこんな物を購入してみましたよ☆

DSC_6540.jpg


ウェラブルカメラ!!


頭部の横の小さい機材がカメラになっていて、手元の撮影とか出来るってヤツです。
しかもこれ。水中対応なので水の中の撮影も出来る優れもの。

何でコレを購入したかというと・・・


アロワナハンドリングをガッツリ撮影したいから!


前々回くらいの記事で、アジィのエラ捲れの無麻酔手術をお伝えしましたが、
ハンドリングでアロワナがどれくらい大人しいのか文章では分かり難いので、
これは撮影するしかないかなと。

両手放しで撮影できる機材という事で、ウェラブルカメラを買ってみました☆
あると今後も色々と便利そうですしね~(´∀`*)ウフフ

一応4Kという事ですが、水槽撮影だと暗所になるので映像が荒くなりますね。
あと4K撮影にすると容量が凄く重たくなって扱い難いです。
次回からは撮影サイズを小さいレベルに落として撮影しようと思います・・・・



さて。今日の朝一で撮影したアジィとコアジのハンドリングをどうぞ♪


★音が出ます。ご注意★

もう少しカメラの向きを内側(下側)にすれば良かったかな。
ウェラブルカメラ初体験だから勘弁☆

ちょっと嫌がってしまい、大人しくなるまでにはいつもよりも時間が掛かりましたが、
映像1分40秒くらいから、諦めたのか麻酔をかけたかのように大人しくなります。

簡単な手術なら無麻酔でちょちょいっと出来ちゃいますね♪

アジィ (レッドケン・レベル2 ♀5歳)




逆にコアジはアロワナハンドリング初心者向けって感じで、
簡単に捕まえて、すぐに大人しくなります。
遊びに来た人に触らせるのはいつもコアジ(笑)

コアジ (WT・超神龍スタンダード ♂4歳)




1週間ぶりの水換え直前に撮影しちゃったので、水が若干白濁り・・・(´・ω・`)ショボーン
でもまぁ。アロワナのハンドリング具合は分かりますからね。

アロワナって、これだけ触っても手に気になるような魚臭さが残りません。
金魚なんて少し持っただけで金魚臭さが凄いのに(笑)
アロワナ。死ぬと粘膜がネバネバで超臭くなりますけどね!

アジィの方は若干抵抗しますが、コアジは大人し過ぎます(笑)
これ。弱っているわけでも薬を使っているわけでもないですからね!

コアジの後半映像で、水面を泳ぐミナミヌマエビを捕まえていますが、
薬なんて使っていたら、繊細な甲殻類はすぐに弱りますから分かり易いかな?
(極小サイズなので映像では見え難いですが・・・)

これくらいハンドリングした後でも、すぐに餌を食べるくらいダメージは少ないです。

日頃、私が定期的にハンドリングしているかというとそんなわけも無く、
手術する時と、ブログネタにする時くらいしか触りませんよ~。

ハンドリングによる人の手熱で魚が火傷するとか言われた事がありますが、
それって冷水帯の海水魚や日淡魚とかじゃないかな~っと思いました。
常に低水温(10度~15度前後)で生きている魚達には30度以上はキツイでしょうが、
アロワナなんて常に30度くらいの水温で生活しているし、
病気の時には34度くらいに上げちゃっても平気なのに、
36度程度の人肌なんて、そんな大差ないでしょう~。しかも水中で触っているしね☆

って事で、気にせずにハンドリングしています。(´∇`)ケラケラ

さすがにお腹を見せるような引っくり返しはさせてくれませんが、
横向きくらいなら平気ですね。二匹共。

強くガッツリ掴むと表粘膜が剥がれて荒れるので、優しくソフトタッチです。

さぁ。これを見て、ご自分の愛魚がどれほど触れるのかチャレンジしたくなった人。

アロワナが嫌がってジャンプして床でビチビチしても責任は取りませんので!(笑)
あくまでも、アロワナに無理強いしちゃダメですよ~!!

次はウェラブルカメラで水中アロワナ撮影をしてみようかな。
ポイッと投げ入れたらアロワナが咥える映像(口の中)とか撮れないかな?
ネタの為に買ったカメラ。もう少し遊んでみようと思います\(^o^)/


アロワナって本当可愛い。のクリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

エラめくれ

金曜日の朝。寝室から居間に降りて来て、水槽をチラッと見た時に違和感・・・・


そして、「ソレ」に気が付いて愕然としました。


DSC_6224.jpg

DSC_6227.jpg

DSC_6225.jpg




めーくーれーてーる~!!!




ΣΣ(゚Д゚;)ウギャー!!



アジアアロワナ飼育を始めてから15年以上が経ちますが、
自身、初めてのエラめくれを経験しちゃいました・・・・。・゚・(ノД`)・゚・。


かなりショックです!!!


水か?何だ??何なんだ????


エラがめくれちゃうような原因に身に覚えが無い。

・・・が、

強いてあげると、最近の餌の比率をアジィ1:コアジ3くらいにしていて、
隣でクネクネと餌を欲しがるアジィを横目に、コアジに獲れたセミとか与えていました。


それか?餌が貰えないストレスなのか???


会社にアロワナ病気本を持って行って昼に読みながら、
さとぱんさんに電話をして、エラめくれの経験が無いか、対処はどうするか聞いてみました☆

水温上昇しがちな夏ですが、我が家の水槽が置いてある居間は、
ペットの犬や猫の為に、夏の日中はクーラーを稼動させており、
夏でも水温は冬と同じ30度程度をキープしているので問題は出ないはず。

結論で言うと、水に問題は無さそうなので、やっぱりストレスかなと。
そして、水換えやなんやかんやで弄って様子を見るよりも、
エラを短冊切りにしてカットした方が治りが早いという結論に。


よし。家に帰ったら水換えしてエラをカットしてみるか!!


家に帰ってアジィを確認したら、朝と同じ状態。
あわよくば治っていたら良かったのに(笑)

水換えをする前に、アジィを素手で捕まえてハンドリングし、
エラめくれの状態を触って確認をしてみました。

外側の柔らかいエラの所だけが捲れていて、固いエラはまだ問題ないみたい。
片手でアジィを支えながら、反り返った外エラを撫で撫でしてから放してみたら・・・


・・・・・ん?


エラ。治っていないか???


撫でて反りが治ったのか、エラめくれの捲れが少し治っていました。

とりあえず今日は水換えで様子を見てみようかな~っと、
水換えだけをして就寝。

翌朝。やっぱり同じように捲れていたので、また同じようにハンドリングして、
エラを撫でて治しておきました(笑)

撫でて治す治療法・・・・

手乗りアロワナならではですね☆\(^o^)/


土曜日の仕事から帰宅してアジィを見ると、やっぱり同じように捲れ戻っていました。
このままでは埒があかないし、やっぱりカットしてみよう!!

普通の家庭用ハサミを用意して、アジィを左手で固定し、右手でエラをカットしました。

本当は写真を撮りたかったけれど、まぁ両手が塞がっているから無理って話で。

それにしても、無麻酔で60センチ近いアロワナを水槽内で外科手術できるのって、
愛情が成せる技ですよね~☆(´∀`*)ウフフ

今回は短冊切りではなくて、反り返りがし難いようにワンカットだけしてみました。
1ヵ所カットで治ってくれれば、ダメージが最小限で済みますからね。

DSC_63300_20160801230831437.jpg

円弧に反った紙とか、ワンカットすれば放射状に広がり戻る原理に近いかな。
ハサミを入れた箇所は、外側が2㎜くらい離れた状態になったので、
反り分が放射状に広がり戻ったのが分かります。(切除ではなく切れ込みだけなので)

下の短い切れ込みは失敗した所(笑)

中央が反るというよりも、上側の反りに引っ張られて全体が反っている感じだったので、
上側付近をカットすれば、下側は反り付いて来ないだろうと上側に切り直しました。


結果は一目瞭然です。


DSC_6251.jpg


土曜の夜に切れ込み手術をしてから、日曜の現在夕方ですが、
エラめくれは再発していません。

まだカット部が切れ目が入っているからで、治ってくっ付いたらどうなるのか・・・
カット部が治る前に、エラめくれが治ってくれていれば、再発しないでしょう。

エラめくれをしている時の呼吸の仕方が、エラがやけに動く呼吸というか、
通常はエラの隙間も見えないような浅い呼吸に対して、
エラの隙間が見えるような深い大きい呼吸の仕方になっている感じですね。

ビフォー。
DSC_6229.jpg

アフター。
DSC_6295.jpg


パッと見は治ったように見えます。


エラめくれをしていても、餌に飛びついてくるくらい体調は良さそうだし、
ハンドリング手術をしても、直後に餌を食べるくらいにメンタルは強いアジィ。

まだ呼吸が強いので、再発の可能性もありますが、
再発しないでこのまま治ってくれる事を祈ります。┐('~`;)┌



エラめくれはもう勘弁! クリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村

フォトコン漆絵到着

神威さんが主催したアロワナフォトコンテスト2016。

昨年の準優勝に引き続き、今年は最優秀賞を頂きました! O(≧▽≦)O ワーイ♪

そして本日。賞品の漆絵が届きました☆


DSC_6211.jpg


写真だと色が薄く感じますが、実際に見てみるともう少し良い赤色があり、
光の加減で、ホログラムのように色の濃淡が変わります!

前回頂いたアロワナパネルも自宅にありますが、実物の漆絵。


素敵すぎます!!!(〃▽〃)キャー♪


収納している額も、立体的な額になっているので、
漆絵が立体的になって、光の屈折具合が見易い感じです。

これまたステキすぎる・・・・

DSC_6218.jpg

裏には、神威さんの刻印も・・・

DSC_6207.jpg

最初は水槽上に、アロワナ証明書やアロワナパネルと一緒に並べようかと思いましたが、
至近距離で光の屈折を見た方が、この漆絵の魅力が分かり易いので、
玄関にでも飾ろう~っと♪ (´∀`*)ウフフ


神威さん!本当にありがとうございました!!!


次回は、ザントップの名前付きで、双龍を個人注文させて頂きます(笑)



さてさて。


我が家のゲオですが、相変わらず爆繁殖中です。
Mサイズの2ペアが交互に繁殖しているので、稚魚がじゃんじゃん取れます。(・ω・;)

先週末の日曜日。奥ペアの口内保育が6日目だったので吐かせてみました☆

DSC_6143.jpg

前回の大量採子に比べれば少ないですが、それでも100匹は軽くいますね・・・

採りたての稚魚は、刺激するとすぐに稚魚玉になります。
親魚が吸い込み易いようにする本能行動なのでしょうね~

DSC_6144.jpg

今回の採子数。100匹近くと思っていたのですが、
ブログを書いた後、暇だったので画像から数をカウントしたら・・・

DSC_6143_201607252257263d5.jpg

なんとビックリ220匹以上いました!!


ってことは、前回の大量採子。350~400匹くらい居たのかも・・・Σ(゚Д゚)


小魚って、思った以上に数が少なく見えますよね(笑)


奥ペアを吐かせる予定日の前日に、手前ペアも繁殖し、口内保育が始まりました・・・
GWに到着したゲオ軍団。我が家に来て2ヶ月ほどですが、
手前ペアは4回。奥ペアは3回ブリーディングをしまして、
手前ペアは2回。奥ペアも2回の稚魚が取れました。

→この記事の翌朝。手前ペアの口内保育終了(-∧-;) 
奥ペアの方が、繁殖は上手いかも。手前ペアはちょっと下手ですね~。


DSC_6147.jpg


稚魚だらけになってしまったメイン水槽と隣接循環型の隔離水槽。

DSC_6169.jpg

DSC_6177.jpg

4腹分で、ゲオ稚魚は500匹以上居そうです。
だいたいで、一期生20匹。二期生100匹。三期生300匹。四期生200匹くらいかな?

一期生が自身の半分くらいのサイズの、二期生。三期生を襲って食べちゃうので隔離中。
グッピーのメスも、小さい稚魚を襲って食べるので合わせて隔離中・・・

奥のケースに入っているのが一期生組。水槽内に放たれているのが二・三期生。
手前の小さいケースに入っているのが、今回取れた四期生です。

やばいなー。この小さい隔離水槽じゃ収拾つかなくなりそう(笑)

外で池飼育でもしようかな。秋口までそれでいけそうな気がする。
安いFRP水槽無いかな~。

隔離水槽と隣接して置いてあるテラリウム水槽の住人も冷ややかに見ています。

DSC_6158.jpg


アルタムちゃん達も、順調にサイズアップしています。


今年の3月上旬のアルタム。

DSC_4183.jpg

7月中旬現在のアルタム。

DSC_6185.jpg


たった四ヶ月でコレ。


末恐ろしい子達・・・・((;゚Д゚)ガクガクブルブル


ゲオが口内保育中だと、冷凍アカムシをあまり与えられませんが、
口内保育をしていない期間の時には、ガッツリ毎日1シート与えていますからね!
複数回に分けて、お腹が膨れるくらいに与えています。

数年後。アルタムのブリーディングが出来ると嬉しいなぁ。

あわよくば、その頃にはアロワナも・・・・(・∀・)ニヤニヤ


飼い込んで立派にして繫殖する。これぞ熱帯魚飼育の王道!


それにしても、タンクメイトのロングフィンブッシープレコ。全然繁殖しない。
オスもメスも立派な体躯になっているのに・・・
やっぱり産卵筒のサイズとか合わないのかなぁ。
ブッシープレコ。繁殖が楽って他のサイトにあるのに・・・我が家じゃ鬼門だわ。。。

プレコの繁殖に詳しい人。助言プリーズ☆


最後に。ザン妹から「とっ散らかった子」と呼ばれているタロウちゃんで〆ます。
口周りの黒模様が散らばっているので、「とっ散らかった」ってことです。

DSC_6172.jpg

ちなみに。ジロウは妹から「卑猥ちゃん」と呼ばれています(爆)

2012年の画像ですが、手前がジロウ。後ろがタロウ。
似ているけれど、拾った日も場所も全く違う非兄弟です。

DSCF02570s_201607252227413f7.jpg


ジロウの模様。卑猥すぎるぜ☆ クリック

にほんブログ村 観賞魚ブログ アロワナへ
にほんブログ村
プロフィール

Xantop

Author:Xantop
--------------------------
所有タンクデータ
水槽:アクリル水槽①
サイズ幅2000奥800高1000
濾過槽:特注上部式
サイズ幅2000奥350高300
連結小型アクリル水槽②
サイズ幅420奥320高400
タンク総水量 約1.5㌧
濾過材 フジノスパイラル 約130㍑
ポンプ エーハイム1262
蛍光灯 RB37(18W×6本)
ブロワー 40㍑
水換え週一 3分の2
水温 30度前後
PH 分からん
【タンクメイト】
・アジアアロワナ
血紅龍レベル2【アジィ】レッドケン
超神龍スタンダード【コアジ】WT
・ショートゲオファーガス
・アルタムエンゼル
・ロイヤルファロウェラ
・ロングフィンブッシープレコ
・カージナルテトラ

水槽:ガラス水槽①
サイズ幅600奥450高300
特注フルドライ上部濾過槽
ツインスポンジフィルター2機
水温:常温
【タンクメイト】金魚
・福ダルマ
・玉サバ
・いわきフラッこ

水槽:ガラス水槽②
サイズ幅600奥300高300
底面式フィルター3機
水温:常温
【タンクメイト】メダカ&エビ
・みゆきダルマ
・楊貴妃ダルマ
・スターダストダルマ
・レッドビーシュリンプ

水槽:ガラス水槽③
サイズ幅250奥200高250
底面式フィルター
水温:常温
【タンクメイト】
・アメリカザリガニ

水槽:ガラス水槽④
サイズ幅150奥150高150
ツインスポンジフィルター
水温:常温
【タンクメイト】
・幼魚メダカ

--------------------------
2匹の紅龍の成長記録をメインに、ザントップ家の色々な日常を日記として更新していきます。
静岡生まれ静岡育ち静岡在住。
生き物なんでもщ(゚д゚щ)カモーン な生き物好きです♪

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
674位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
51位
アクセスランキングを見る>>
アクセス
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR